フォーカス・リーディング3日間集中講座

「本当に読みたい本を、もっと軽やかに、もっと深く、もっと鋭く読みこなしたい!」
貴方の読書の悩みと停滞を完全に解消する為の…
そして人生とビジネスをワンランク上げるための講座のご提案です。

■2022年1月8-10日開催3日間集中講座は【九州大学大学院・研究講座】として開催します。
特別なサポート、アンケートお礼(amazonギフト券)など特典付きで、しかも特別料金で受講していただけます。
詳しい説明とお申し込みはこちらへ⇒■研究講座ご案内■

■2021年11月13+14日(土日)11月13日(土)+12月12日(日)11月28日(日)+12月12日(日)の2日間は、初日分をオンデマンド映像講座+zoom1.5時間講座()に振り替えて受講していただくことで、オンデマンド講座と同じ金額(47,800円)で受講していただけます。ただし、下記記載の「集中講座特典」は受けられません。あくまで「オンデマンド映像講座」としての受講に「2日間のみ参加」となります。
※10/16-20:00-, 10/28-19:00-, 11/4-19:00-, 11/07-13:00-,11/11-19:00-, 11/18-19:00-
なお、オンデマンド映像講座は通常「返金可能」な講座ですが、この2日間講座を利用する場合は返金対象外となります。(申し込みフォームの「その他(ご意見・ご質問等)」欄に「2日間受講希望」とお書きください。)
詳しい説明とお申し込みはこちらへ⇒オンデマンド映像講座申し込み

どんな時代でもサバイバルできる
メタな能力としての「読書力」を
ぜひ高いレベルに引き上げてください!

──最も強いモノでも、最も賢いモノでもない。
最も変化に適応できたものこそが生き残るのだ。

ダーウィンが語ったとされる、この言葉にすべてが凝縮されています。
私たちが、どんな時代にでも適応でき、時代をサバイバルするために必要なのはジェネリックスキルと呼ばれる汎用性の高い能力です。
そしてそのジェネリックスキルの中核にあるのは「読む力・学ぶ力」なのです。
未来を自分の手に収めるために、まずは高い読書力を手に入れてください!

ちょっと想像してみてください…

名著『7つの習慣』でも…

“もし、常日頃から行っていれば、あなたの私生活の質を著しく向上させる活動がひとつあるとするなら、それは何だろうか?”

──『7つの習慣』第3の習慣より

世界的な大ベストセラー『7つの習慣』の第3章「重要事項を優先する」の冒頭に、この言葉が掲げられています。
私たちは、ちょっとずつ積み上げれば、とてつもなく大きなメリットがあると分かっていることを、目の前の些細なことのために、ついつい先送りしてしまいます。

ぜひ、想像してみてください。
もし、あなたがこの1年間、わずか45分(これは1日の3%の時間に過ぎないのです…)を「効果の高い読書」に毎日費やしていたとしたら。あなたの生活は、今頃どうなっていたでしょうか?
もし、45分で何回も読み重ねる技術と、本からの学びを効果的に吸収できる読書力がそなわっていたとしたら…そう、想像していて欲しいのです。

この講座で手に入るのは
こんな新しい自己投資の形です…

修得可能な速読技術・読書法

1冊10-20分の速読技術

いたずらに速さを求めず、書籍の全体像をつかみ、記憶の整理を促すような速読法(スキミング)を学んでいただきます。
この技術があれば、200ページの本を10分から20分程度のスピードで処理することが可能です。
15分のすきま時間があれば、1冊を処理してメモまで残せます。

1冊20-40分の高い理解をともなう読書

普段通りの理解度を保って読むペースを、通常の読書の3-5倍程度(1ページあたり6-12秒程度)に引き上げます。
これは小説なども楽しめるペースであり、あらゆる読書・情報処理がストレスのないものに感じられることでしょう。

理解を深め、記憶に残す読書戦略(ストラテジー)

本は漫然と読んでも記憶に残りにくいもの。恐らくあなたも、読む時はすごく楽しんだのに、3日も経つと断片しか思い出せない…という経験をお持ちのことでしょう。
科学的な読書戦略を学び、資格試験学習や専門領域の学習に役立つ「記憶に残る読書法」を手に入れることで、読んだ本が知性としてどんどん積み上がっていくことを実感できます。

読解力・読書力のレベルを高める本の読み方

あなたが大学時代までに「科学的な本の読み方」を学んだことがなければ、この「本の読み方」はとても大きな価値を持つはずです。
今の読書力・速読技術で量をこなすだけでなく、あなたの読書力そのものを引き上げる本の読み方、難易度の高い本の読みこなし方を身につけることが可能だからです。
本を読めば読むほどに、知識とともに高い読書力・情報処理力が育っていきます。

講座終了後に、レポートとセットで提出されたノート

【結論】45分で3回読んで十分に吸収する読書力!

この講座で目指すのは、あなたがご自身と、あなたのビジネスのレベルを引き上げるような「高い学習力」を手に入れること。あなたがこれからぶつかるであろう、たいていの課題は、読書によって学ぶことでクリアしていけることでしょう。
そのための本の読み方、ノートのとり方、学びの積み上げ方をトータルで学んでいただけます。

  • あなたが普段読むレベルの書籍、あるいは少し難しめの新書(学術の入門レベル)を意図した通りに読みこなせる読書コントロールスキル
    ・ビジネス書や読みやすい新書:1冊10-20分の下読み+20-50分の理解読み
    ・『7つの習慣』など高密度なビジネス書大学・大学院のテキストなど専門書は速読の対象としてとらえず、読書法とノート法を活用して深く読み、行動を変えていくような読み方を学んでいただきます。
    ※このような難しい書籍、文字が非常に多い書籍の速読をご希望の方は《3+3日間の完成講座》の受講をご検討ください。
  • 資格試験テキスト:自在に読みこなし短期間で反復学習
  • 年間で100冊以上を、十分に自分の血肉にしながら読み重ねていくモチベーション

2019年に実施した大学生を対象とした
研究講座の結果で見ますと…

九州大学大学院(教育学)博士課程において、大学生を対象とする研究講座を実施しました。
受講した大学生は、読書経験も学力も様々。
それでも集中講座での速読技術の修得率は100%
さらに速読技術を活用して理解の質を高める「読書ストラテジー」や「ノート法」もマスターして、読書を充実させています。

つまり…!

  • 1冊にかかる時間が減少し、手軽に本を読めるようになる。
  • その結果、読書量が大いに向上する。
  • さらに読書法を学ぶことで、理解と記憶が向上する。

そんな成果を手に入れているのです。

あなたの自己投資を
確実な、高いリターンにつなぐ
速読講座は、こんな仕組みです!

標準コース3日間

  • 普段あなたがよく読むレベル・ジャンルの書籍(200ページ前後を想定)を、1冊10-20分で速読(概要フォーカス/記憶の整理重視)し、その後に20-40分ほどかけて丁寧に読み直すスキルを目指します。
  • 普段あなたがよく読むレベルの書籍よりやや難しめ(文字量が多め)の書籍を、事後2週間の読書実践演習を通じて読みこなせるようになることを目指します。
  • 大学院/MBAのテキストや専門書、あるいは難関資格試験のテキスト、『7つの習慣』等の教養書など、情報密度が高い書籍を自由自在に読みこなすスキルを身につけたい方は、《3+3日完成講座》をご検討ください。
STEP
事前の予習

以下のような教材セットをお届けいたします。これら教材とオンデマンド映像教材を使うことで、迷いなくすぐにトレーニングに取り組んでいただくことが可能です。
この3日間集中講座は、合計約3時間ほどの基礎トレーニングに、事前に取り組んでいただくことが受講の条件となります。
特に読書に苦手意識がある方や、もともと読書量が少ない方は、早めに取り組んでいただくことで、3日間講座のストレスが軽減され、高い成果に届きやすくなります。

トレーニングに使う書籍も事前にお届けしますので、余計な悩みがありません。

ご希望でしたら、事前にアンケートにお答え頂いた上で、15分程度の個別相談(zoom利用)も承ります。気軽にお問い合わせください。

STEP
第1日目(心身コントロールトレーニング)
  1. 基本3種トレーニング
    瞑想状態(弛緩集中状態)を作り、学習や読書に最適な心身の状態を作ります。
    普段コントロールしていない視点・視野の広がりをりきまず、イメージでコントロールできるようトレーニングしていきます。
  2. 入力レベルコントロール
    頭の中で読み上げる「内声化」を消去し、速読に最適な新しい情報処理回路を作ります。
    “観の目付”で情報を入力する感覚を養います。
  3. スムーズ追跡トレーニング
    鋭い集中力を研ぎ澄ませ、力みの全くない集中状態を作ります。
明確な原理とカリキュラムに基づいてレッスンを構築しています。
だからこそ、再現性の高い講座になっています。

初日は集中力(速読モード)作りから始めていき、徐々に集中力、視野の広がり、視点の流れなどを読書・速読に最適な状態へと矯正していきます。上の図で示されるLesson 02から05までが初日の課題となります。(Lesson 01から03までは事前の自主トレで一通り学んでいただきます。)
また、頭の中で読み上げる癖を少しずつ薄めていくことで、高速な文字情報処理のベースを作っていきます。

STEP
第2日目
  1. 入力レベルコントロール
    観の目付の状態で文字情報を自在に処理していくトレーニングをおこないます。
  2. 高速追跡トレーニング
    スムーズ追跡トレーニングをさらに研ぎ澄ませ、文字密度の高い書籍でもストレスなく処理していける視野のコントロール力を高めます。
  3. 擬似的速読トレーニング
    ここまでに培った心身のコントロール力を駆使して、新しい読書の感覚を養います。
  4. スキミングトレーニング
    欧米の研究者やエグゼクティブが日常的に活用する速読技法であるスキミングを活用して、1冊10分の速読、1冊30-40分の丁寧な読書を完成させます。
  5. 記憶トレーニング
    読んだ内容を記憶に残すための方法を学びます。
読書を記憶につなぐSRICE原則を学びます

2日目までで「速読スキル」をマスターすることができます(第1日目に示した図のLesson 05-07に該当)。ここで得た速読スキルに3日目で学ぶ読書戦略(ストラテジー)を併せて活用することで「フォーカス・リーディング」として完成させていくことになります。

STEP
第3日目
  1. PQRSストラテジー演習
    学習ストラテジーであるP(preview;下読み)・Q(question;問いの設定)・R(read;理解読み)・S(まとめと整理;summarize)ストラテジーに従って本を読み、読んだ内容を整理していく練習をおこないます。
  2. 読書/学習ストラテジー演習
    書籍を読みながらメモを取ったり、読み終わった後にノートにまとめたりするトレーニングを採用し、読書を通じた学習の効果を高めます。
PQRSストラテジーなど様々な戦略を学びます

3日目はフォーカス・リーディングの完成を目指すために、ひたすら本を読み、速読スキルと、読書戦略を活用しながら、これまでとまったく違う次元の読書に仕上げていきましょう
もし最終日を受講できない場合は、オンデマンド映像教材に従って、毎日30分ずつ読書演習をおこなってください。

STEP
2週間の読書実践

レッスン終了翌日から2週間、与えられた課題に従って1日1冊(最低30分)読んでいきます。
日常的によく読む書籍よりも、やや難しめ・文字多めの書籍を1冊10分の速読+1冊40分の丁寧な読書で読みこなし、自身の血肉としていくことが目標です。

この事後の2週間の読書は非常に重要です。
集中講座最終日に3分程度の映像で、あなたの課題、それにあった読書トレーニングの方法、書籍の選び方などをアドバイスします。それに従って1週間、ひたすら本を読んでいただきます。その後、そこまでの実践結果(レポート)を踏まえて、後半1週間へのアドバイス動画を差し上げます。さらに2週間が経過したところで、これから読書にどう取り組んでいけばいいか、やはり数分程度の映像でアドバイスいたします。

zoomでのレッスンは…

教室での指導と並行して、zoomで受講している皆さんの姿勢眼の動きを画面でチェックしながら、レッスンを進めていきます。

こちらはzoomだけのレッスンの様子です。

できるだけパソコンで受講してください。(途中で「チャット」欄に数値を入力してもらうこともあります。)
カメラとの距離や照明の明るさなどを確かめるためにも、事前にzoomレッスン(1.5時間)に参加することをお勧めします。

これまでに受講してくださった皆様の推薦の声

Ar.YUKIKO代表/アーティスト
西村有紀子様

特に速読がしたいと思っていたわけではありませんでしたが、今の自分の限界値をブレークスルーをしたいという思いがあり、マンツーマンで受講させていただきました。元々読書はしていた方で、ビジネス書は1冊30分くらいで読んでいましたが、受講後は同じ本が10分で読めるようになりました。あっさりと、自分の限界と思っていた速さを更新し、適切な訓練すれば能力は開発することができるのだと納得。自分の今挑戦している分野でもやれるという自信がかなりつきました。
あわせて、仕事上、論文を書いた方が良いという環境になってきたのですが、参考文献や他者の論文を読む時間も圧倒的に短縮されたので、以前であれば時間がないという理由で二の足を踏んでいたいたであろうことも、すんなりと挑戦しようという気持ちになり、多方面でかなり良い変化が出てきました。
本は入浴中でも1冊読み終えることができるようになったので、本を読む時間がないという概念がなくなり、むしろ読むのが速いため、買いに行く時間がないという感じです。
寺田先生には感謝しかありません。

ベストセラー書を連発するビジネス書作家
原マサヒコ様

寺田さんの速読講座に通ってから、2つのトクをすることができました。
1つは有効な自己投資だったということ。
情報をインプットするための読書は、多くのリターンが得られる有効な投資ですので、その量が増えたということは人生において多くのリターンが得られることに繋がりました。
そしてもう1つのトクは、「ハズレの本」に当たりにくくなったことです。書店で数分パラパラと読むことでも、ある程度の内容の把握ができますので、買うか買わないかの判断力が高まりました。
講座の内容については、ある種スポーツのような大変さはあります。ただ、鍛えなければ身につかないのは読書も同じ。
講師の寺田さんが1人1人しっかりとサポートしてくれますし、どなたにとっても確実にリターンの得られる有効な投資になるのではないかと思います。

NHKドラマ原作者
田中美絵様

「書店での立ち読みでも本の質と内容が分かる。これも収穫でした。」
速く本を読まないと、仕事が回っていかない。それが私の日常です。
新聞紙上でのインタビュー記事を毎週毎週20年余り書き続けており、取材対象者である経営者や学者などの本は正確に読み込まなくてはなりません。
それでも、速読の技術を習う時間的なゆとりがなく、何冊あっても自己流の「火事場の馬鹿力」で読んでいく始末でした(笑) 。
私の場合、最終日が終わる頃には目と脳の集中が連動するリズムを自分で作れるようになり、ビジネス書なら5分〜10分で1冊のペースを掴みました。書店での立ち読みでも本の質と内容が分かる。これも収穫でした。

現在も、多くの著者、経営者、研究者の皆さんが受講してくださっています…!

2010年以降、更新してません…

この速読技術と読書法は
読書教育研究の中で
いっそう進化しています。

この速読技術と読書戦略は、九州大学大学院・博士課程における読書教育研究と、大学の授業(通年または前期)の中で、さらにメソッドを進化させています。

開発者:寺田 正嗣(てらだまさつぐ)

九州大学大学院・教育学博士課程3年
寺田 正嗣

1970年、福岡生まれ。名古屋大学(法)卒。元福岡県立高校教師。 
高校2年生の秋に日課の立ち読みで速読と出会う。
1年にわたりトレーニングに励むも撃沈。さらに計4つの教室での挫折を経て、7年後に独学で速読をマスター。
2001年10月に公務員を辞し起業。学習のための速読メソッドの開発と普及にあたる。これまでの受講者はおよそ2000人を数え、その修得率は98%超。高い修得率と実用性の高さが評判となり、多くの経営者・ビジネス書作家や大学教授らがクチコミで多数訪れている。
また7つのライバル業者から顧問や技術指導の依頼を受けるなど、業界内での信頼も厚い。
2014年度から日本で初めて大学教育に授業として速読講座が採用され、通年の読書講座として開講。
速読スキルと読書ストラテジー指導で日本の大学教育を支援することを目指し、2017年度から九州大学大学院に進学(現在、博士課程3年)。専門は読書教育学習ストラテジー。日本読書学会・日本教授学習心理学会会員。
著書に10万部のベストセラー書『フォーカス・リーディング』(PHP研究所)のほか『子どもの速読トレーニング』(PHP研究所)、『決定版! 超カンタン速読入門』(共著、金の星社)、『英会話音読練習帳』(共著、永岡書店)がある。

6つの受講特典を一緒にお受け取りください!

フォーカス・リーディング講座を一層有効に活用していただけるよう、6つの特典をご用意しております。
積極的にご活用ください。

特典1:資格試験などの学習の労力・時間を半減させる「高速学習メソッド」

資格試験や専門領域に関する学習など、あらゆる学びの効果と効率を高める高速学習法の動画教材(販売価格36,800円)をプレゼント。
これで速読という武器を最大限に活かしながら、学びを圧倒的なスピードと量で積み上げていくことが可能になります。

特典2:目指すべき読書の形が明確になる「読書法講座」

講師の寺田は、大学で通年の読書法講座をおこなっています(現在休講中)。
世界標準の科学的な読書法講座(販売価格9,800円)を、基礎から学んでいただけるだけでなく、毎月届けられる実践的読書法ワーク(通常月額2,980円)にも3ヶ月間無料で取り組んでいただけます。
これはあなたのインテリジェンス、情報リテラシーを大いに高めてくれるでしょう。もし、あなたが読書の経験値が低く、読書力に課題を抱えているのでしたら、ぜひ集中講座受講前に「基礎的読書指導」を受けてください!

特典3:読書や速読、学習に悩んだときの「オンラインサポート」

お申し込みから3ヶ月間Zoomを活用したオンライン講座(月2回開催)に無料でご参加いただけます。事前の予習や事後のスキルアップにご活用いただけます。

特典4:技術が鈍ったら格安料金で「再受講」

しっかり3日間講座を受けて、それでももし、時間が経って技術がさび付いたと感じたら、zoomで何度でも再受講(1.5万)していただけます。(ただし、月額2,980円の会員を継続していることが条件となります。年に1度だけ再受講できる1,500円のコースもあります。)
特別サポートコースの方は福岡講座を受けるときにも、15,000円で再受講可能、zoomの再受講なら無料(ただしどちらも年に1回限定)です!

特典5:レッスン終了後2週間の読書実践サポート

3日間講座終了の翌日から、講座で得たスキルを本当に使えるスキルとして完成させるために2週間の読書実践に取り組んでいただきます。事後の2週間も、しっかりとあなたの読書に伴走&サポートいたします。
具体的には、3日間講座終了翌日に「これから1週間の具体的な取り組み」について数分程度の映像アドバイスをお届けします。さらに1週間経過後、あなたの提出したレポートを踏まえて「さらに1週間の具体的な取り組み」についての映像を。そして2週間経過後に、「これからの読書実践とトレーニングへの取り組み方」についての映像をお送りします。

特典6:目標達成へのマンツーマン指導(有償)

もしあなたが何か特別な目標・目的を持って速読技術や読書法を学ぶのでしたら、ぜひマンツーマンの目標達成コーチングをご利用ください読書・学習・教授法・ライティングに関するご指導を提供いたします。
資格試験学習。一流の経営者や専門家を目指すための読書。論文作成。ブログライティングなど、「読む」または「書く」に関するコーチングとコンサルティングをご提供いたします(月2回・各60分以内のZoomまたは対面のコーチング/コンサルティング)。(通常提供価格:24万+税/3ヶ月)

フォーカス・リーディング3日間集中講座(東京/福岡/zoom)

■開講日程■
  • 2022年1月8-10日 on Zoom
  • 2022年2月11-13日 on Zoom
■受講料(税込み)■
  • お申し込み完了の日から3ヶ月間、ビジネス読書道場の会員として、zoomのレッスンやオンライン読書法講座(ビジネス読書道場)などをご利用いただけます。4ヶ月目からは月額2,980円のオンラインサポート料がかかります
  • 全日程をこなして、なお消化不良が残った場合、オンラインサポートに登録している期間は、1.5万円で再受講可能です。
  • zoom受講:150,000円
  • 福岡受講:220,000円
  • 福岡受講(マンツーマンレッスン):550,000円(3日間講座+3ヶ月間のzoomマンツーマンコーチング)
  • zoomコーチングは60分のコーチングセッションを月に2回実施します。読書や学習についての質問と相談を自由におこなっていただけます。
  • MSN, Hotmailでのお申し込みはできません(Yahoo!メールもこちらからの返信が届かない事故が頻発しております。他のメールアドレスをご利用ください。

お申し込み

登録 解除

キャンセル規定など

  • お申し込み後、オンラインサポートが開始されてからのキャンセルはできません。ご注意ください。お申し込みの講座に参加できなくなった場合、(1)その後の講座にスライド(無料)、(2)3ヶ月間のオンデマンド映像受講に切り替え(月に1回30分のzoomコーチングあり)のいずれかに切り替えていただきます。
  • zoom受講の場合は開催初日の3日前まで会場受講の場合は同じく2週間前までに受講延期(日程スライド)をお知らせいただければ、サポート利用をご継続の期間中は、無料で日程を変更していただけますが、受講枠があり、新規の受講者優先となりますので、ご了承ください。サポートを中止した場合、「受講キャンセル」となります。ご注意ください。
  • zoomで受講した方は、再受講もzoomでのみ受講していただけます。会場受講をご希望の場合は、15,000円と「会場受講料金との差額」を合算してお支払いください。

あなたが速読技術を修得し、
高いレベルの読書力を
修得するまで全力サポート!

お申し込み(決済)完了後、基本的には半日以内に、3日間講座をすべて収録し、編集し直したオンデマンド教材をご利用いただけます。
速読スキルは、スポーツや楽器などと同じく「心身のコントロールスキル」ですので、やればやるほど高いレベルを目指せます。
そして、お申し込みの翌営業日には、先にご紹介した速読トレーニングの教材セットをお届けします。書籍も一緒にお届けしますので、届いたらすぐに本格的なトレーニングに取り組めます。
少しずつ自主トレをしながら、3日間講座に向けて取り組んでいきましょう!