取材を受けたメディアの例
目次

大量追試の6日前に一発逆転を狙った結果…

もう、10年くらい前の話です。
収入アップを目指して看護の短期大学に通う40代のシングルマザーから「9科目も試験を落としてしまい、このままだと落第してしまいますし、そうなると退学するしかなくなります!」という悲痛な相談を受けました。
その打開策にと、大阪からはるばる福岡まで講座を受講しに来たのは追試直前の3連休。3連休があけた3日後から追試験スタートでした。
結局、その方は…

速読の科学・目次

  • はじめに
  • 第1章 科学的に見た速読の真実
    • 第1節 速読の疑似科学い
    • 第2節 速読のトリック
  • 第2章 科学的に見た「読書」
    • 第1節 読書のメカニズム、
    • 第2節 読書の理解と記憶
    • 第3節 戦路的読書
  • 第3章 速読とは何か一最終結論
    • 第1節 誰でも使いこなせる!“当たり前”速読術
    • 第2節 速読に必要と考えられる4+1の要素
    • 第3節 速さが活きる速読戦路
    • 第4節 実践的な速読スキルを身につけよう!
  • 終わりに

著者:寺田正嗣(てらだまさつぐ)

1970年、福岡生まれ。名古屋大学(法)卒。元福岡県立高校教師。 
高校2年生の秋に日課の立ち読みで速読と出会う。1年にわたりトレーニングに励むも撃沈。さらに計4つの教室での挫折を経て、7年後に独学で速読をマスター。
2001年10月に公務員を辞し起業。学習のための速読メソッドの開発と普及にあたる。これまでの受講者はおよそ2500人を数え、修得率は98%超。高い修得率と実用性の高さが評判となり、多くの経営者・ビジネス書作家や大学教授らがクチコミで多数訪れている。
また7つのライバル業者から顧問や技術指導の依頼を受けるなど、業界内での信頼も厚い。
2014年度から日本で初めて大学教育に授業として速読講座が採用され、通年の読書講座として開講。
現在、九州大学大学院(博士課程)在籍。専門は読書教育学習ストラテジー。日本読書学会員。
著書に10万部のベストセラー書『フォーカス・リーディング』(PHP研究所)のほか『子どもの速読トレーニング』(PHP研究所)、『決定版! 超カンタン速読入門』(共著、金の星社)、『英会話音読練習帳』(共著、永岡書店)がある。

読書と学習に何かお悩みですか?

もし、あなたがこんなお悩みをお持ちなら、科学的速読法+高速学習法が力になるはずです。

  • 本を読む暇がない
  • 本を読んでも憶えてない
  • 仕事のできる人と、知性の差が埋まらない
  • 読んだ本の内容をうまく整理できない
  • 資格試験の範囲が広すぎて勉強が進まない

速読に興味を持ったあなたも、きっと、もっと効率的に本を読めるようになって、今、抱えている課題を何とかしたい…そう考えているはずです。
その突破口を「速読」に期待しているのではないでしょうか?

上の動画に紹介されていた方が学んだものこそ、こちらで紹介している「科学的速読法フォーカス・リーディング)」と「高速学習法」でした。たくさんの専門科目の教科書を数日で終わらせる速読技術、それを試験をクリアできるレベルで記憶に残すための科学的学習法です。

下のバナーから会員登録ページに移動し、第3章・第4節・「フォーカス・リーディングに挑戦してみよう」の最後に示されるパスワードでログインしてください。そこで1ヶ月無料体験登録の上、プレゼント映像をお受け取りください。

書籍イメージ

書籍中には可能な限り《図解》《根拠とした学術論文》を採用し、速読について科学的な観点から学びたい人にも、それで実際に速読に挑戦したいと思う人にも役立つように工夫しました。

参照した学術論文情報を明記しました
理解と記憶の原理についても解説しています
ビジュアル要素で理解しやすく工夫しました

第3章・第4節・「フォーカス・リーディングに挑戦してみよう」の最後に示されるパスワードでログインした後、会員登録ページで受け取ってください。

目次