年間3冊以上、本を読む人なら間違いなく速読技術のマスターが可能です。

ビジネス書作家・大学教授など読書の質と成果にこだわる知的専門家がクチコミで門をたたく人気速読術講座を自宅のPCやスマホで受講できます!
ビジネス書作家・大学教授など読書の質と成果にこだわる知的専門家がクチコミで門をたたく人気速読術講座を自宅のPCやスマホで受講できます!

自宅でアカデミック速読《フォーカス・リーディング》
3日間集中講座と同じ成果を手に入れる!

オンライン速読講座に今すぐ申し込む

集中講座と同じレベルのレッスンを自宅で実現!

「確かな速読技術を身に付けたいけれど、3日間の休みを確保するのが難しい」
そんな声をこれまで本当にたくさんいただいてきました。

速読はスポーツと同じく、体・集中力を使いこなす技術。
ですので、正しいトレーニングを継続的に積み上げていかないと、高いレベルに到達することができません。

講師の話を聞くだけの動画・DVD講座、本・テキストを読むだけの講座…
そういった一方通行の教材では「いまいち、腑に落ちない感覚」が残りがちです。

そこで、フォーカス・リーディングでは、1995年来、20年にわたって開講してきたインターネット通信講座のシステムを進化させ、高い修得率と成果で人気の「3日間集中講座」とまったく同じプログラムを、3日間集中講座以上の学びやすさでPCやスマホを使用して、どこでも実践・講師とやりとりできるシステムをご用意いたしました。

この講座の目標
1冊10~20分の速読
+30~60分の快適な読書

あなたの読みたい本を、

1ページ3秒から18秒のペースで
柔軟にコントロールして読破

  • 約3ヶ月のオンライントレーニングで目指していただくのは…

    • 概要把握の速読:1冊10分
    • 理解度高く丁寧に読み進める精読:1冊30-60分

    ちょっとしたスキマ時間を使えば1日で1冊ずつ読んでいけるレベルの技術です。

ちょっとしたスキマ時間を使えば1日で1冊ずつ読んでいけるレベルの技術です。

オンライン講座を活用した自主トレと、東京・福岡で開催される3時間講座、そして定期的に開講されるZoomレッスン(90分のオンライン指導)で、講師の直接の指導を受けながら、技術のレベルアップを目指してください。

【以下の条件に当てはまる方は3日間集中講座(リアル講座併用コース)をお勧めします。】

  • MBAその他の大学院で、論文や専門書を多読する必要がある方
  • 文字が非常に多い教養書などを速読したい方
  • 読書がもともと苦手で、読書量が極端に少ない方(年間10冊未満)

集中講座(3日間)をすべて収めた
「動画」を教材にしました。

2018年に実施した講座を完全収録した動画ですので、受講生の皆さんの生の反応や質問、それに対する講師からのアドバイスを視聴していただけます。

  • パワポで解説するシーンでは、<br>パワポを読みやすく表示します

    パワポで解説するシーンでは、
    パワポを読みやすく表示します

  • キャプションで聞き取りづらい言葉を補っています

    キャプションで聞き取りづらい
    言葉を補っています

  • 受講生の方の演習風景も参考になります!(顔が見える部分はボカシ処理あり)

    受講生の方の演習風景も参考になります!
    (顔が見える部分はボカシ処理あり)

  • 言葉の説明で分かりづらい部分は身振り手振り・実演で解説します

    言葉の説明で分かりづらい部分は
    身振り手振り・実演で解説します

講師からの一方的な解説を聞くのと違い、同じ立場の受講生の悩みと、それに対するアドバイスを聞くことでより深く、指導を理解することができるでしょう!

ワンポイントレッスンコーナーで
1つ1つの課題をしっかりクリア!

3日間集中講座でご指導する内容のうち、特に重要なポイントを重点的に理解あるいは実践していただけるよう「ワンポイントレッスンコーナー」をご用意しました。通常の3日間講座では、全体のペースでどんどん進んでいってしまいますが、一つ一つの課題を丁寧にトレーニングできるため、「分からないまま進んでいく」ことがありません。
このワンポイントレッスンコーナーは不明な点を自由に質問でき、悩みを残すことがありません。

トレーニングに関するアドバイスを
納得いくまで何度でも!

  • トレーニングの過程で「これでいいの?」と思ったら、所定のレポートをサポート会場にご提出いただくことで、寺田から基本敵に24時間以内にアドバイスを受けることができます。

    (日祝日その他、主宰者側の事情で最大2日間お待たせすることがございます。)

    なお、レポートの提出、そしてアドバイスを受けるペースは、コースによって換わります。(質問・相談に回数の制限はありません。)

言葉だけのやりとりでは伝わりにくい部分は、YouTubeの動画を利用したやりとりもOKです。
「読書の時の眼の使い方は、これでいいの?」という相談は、スマホで眼の動きを撮影してレッスン会場に投稿してください。その動画をチェックした上で、アドバイスを差し上げます。

オンラインZoom相談会

サポート会場の文字のやりとりだけでは伝わりにくい部分を、Zoomを利用したリアルなやりとりを利用して解消していただきます。

カリキュラム詳細

  • レッスン:1【概論】

    フォーカス・リーディングがどのような読書を目指す技術なのか、どのような原理で成り立っているのか…そういった「フォーカス・リーディングならではの原理と方法」など、全般的な読書論を学んでいただきます。

  • レッスン:1
  • レッスン:2【基礎的トレーニング】

    トレーニングの基本となる「速読モード」作りを、イスの座り方から丁寧に確認していきます。その上で、鎮まりの状態、力みのない高い集中状態作りの方法と、正しい「眼のコントロール」の方法を学びます。

  • レッスン:2
  • レッスン:3【入力レベルコントロール】

    速読トレーニングの「眼のコントロール」と並ぶ大きな柱である「意識のコントロール」、情報の入力レベルのコントロール力をトレーニングによって高めていきます。この内容をマスターできるだけで、読書スピードが2,3倍にアップします。

  • レッスン:3
  • レッスン:4~5【観の目コントロール】

    鎮まりの中での鋭い集中状態と、力みのない眼のコントロール力を高めるトレーニングです。Lesson 4から8にかけて、少しずつ負荷を上げながら、速読の理想の状態である鎮まりの中の集中状態(弛緩集中状態)を完成させていきます。

  • レッスン:4~5
  • レッスン:6~7【理解コントロール演習】

    ここまでで作りあげてきた「速読モード」と「眼」・「意識」のコントロール力を統合して、1ページ6-9秒前後の速読技術として完成させていきます。

  • レッスン:6~7
  • レッスン:8【スキミング演習】

    欧米で当たり前の読書技術として活用されている「スキミング」を学んでいただきます。さらに、本をただ速く読むだけではなく、読んだ後に、誰かに語って聞かせられるレベルで記憶に残すために必要な5つのポイントを解説。

  • レッスン:8
  • レッスン:9~10【スキミング実践】

    ここまでのレッスンで作りあげてきた速読技術+スキミング技術を総動員して、効率的で質の高い読書を完成していきます。

  • レッスン:9~10
  • レッスン:11~12

    いよいよ1冊10分の「フォーカス・リーディング」として完成させていきます。あわせて、理解と記憶を確かなものにするためのノートテイキング(Corel Notetaking)を学び、記憶に残すための本の読み方も体得していただきます。

  • レッスン:11~12

東京・福岡で開催する
フォローアップ講座を受講可能です。

オンライン講座だけではどうしても残る「くせ」や「やり方のずれ」を、対面の指導で矯正・解消していただく機会をご用意しました。通常、3日間集中講座の受講者のみなさんだけが受講できるフォローアップ講座を、受講期間中は何度でも無料で受講していただけるようにいたしました。

通常の受講料 8,000円(税込み)無料で受講可能
開催頻度 【東京】年3回
【福岡】年2回
※すべてzoomで受講可能です。
時間帯 13〜16時の3時間
講 師 寺田もしくは認定講師がおこないます。
オンライン講座受講特典
特典 オンライン講座受講特典 【オンライン講座受講特典 その➀】
すべての教材をいつでもご利用可
受講期間中、すべての教材をいつでもご利用いただけます。
また、アドバイス依頼も規定回数以内であれば自由なタイミングでしていただけます。
特典 オンライン講座受講特典 【オンライン講座受講特典 その➁】
「ビジネス読書道場」のコンテンツも毎月お届け

セットで、大学の授業でおこなっていた「読書力・情報処理力養成講座(ビジネス読書道場)」のコンテンツも毎月お届けします。
速読技術のブラッシュアップと並行して、読書力アップにも取り組んでみてください。

オンライン速読講座に今すぐ申し込む

お客様の声

31才・男性・Y.Cさま

Q1:なぜオンライン講座を受講しようと思いましたか?

自分の業務効率が悪いことにストレスを覚えていました。

その解消策として速読を検討しました。
  • ・業務上必要な知識・スキルの習得、情報の取得に十分な時間を割けられていない
  • ・帰宅が遅く睡眠不足がちで頭の回転が低下していると感じている

業務資料にせよ、雑誌にせよ、何かを読む場合に、ただ早く読めれば良いわけではなく、目的 を明確にして脱線せずに自分の意図したポイントを押さえるための技術の習得を期待して申し込ませていただきました。

Q2:オンライン速読講座を受講しようと決めた時の「決め手」はなんでしたか?

・ただ早く読むのではなく、目的にフォーカスするという考え方に共感できました。

・またメルマガの内容を見て、自分の成長のために役立ちそうだと思い、決めました。

Q3:受講中にどんな悩みや問題を感じましたか? それをどう解消しましたか?

途中、ハードに思える内容に、ついていけないと感じましたが、適宜レッスンへの取り組み状況を報告し、アドバイスをいただいたことで最後までやり抜けました。

Q4:最初の読書スピードと読書習慣を教えてください。

・最初の読書スピード:1100文字/分(理解度 B)

・それまでの読書習慣:月平均 ほぼ0冊(読むとしたら自己啓発、小説)


・現在の読書スピード(受講開始から5ヶ月後):
概要フォーカスの速読:1冊15分くらい(200ページ程度・1p3秒)
丁寧な読書:1冊50分くらい(同上・1p15秒)
重ね読みの場合:下読み10分、本ちゃん読み30-40分

オンライン速読講座概要

受講料
初回:69,800円+税
 +翌月以降2,980円/月(税込み)
※オンラインzoom相談会の利用が必要ない場合、月額1500円のコースに変更していただけます。
特 典 特典1:会員である期間、すべての教材をいつでもご利用いただけます。
特典2:セットで、大学の授業でおこなっていた「読書力・情報処理力養成講座(ビジネス読書道場)」のコンテンツも毎月お届けします。(ワークへの参加はできません。)

お申し込み方法

【1】以下の申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ボタンをクリックしてください。

【2】申し込み完了後に表示されるページから決済をお願いします。カード決済のみ月額支払いに対応しております。

※お申し込みから3営業日以内に支払い手続きをお済ませください。

【3】お支払い完了から2営業日以内にオンライン受講の案内(教材視聴・ダウンロードURL等)をお送りし、同時に、教材を郵便にて発送いたします。

【4】翌月以降、会員を継続していただくことでサポートをそのままご利用いただけます。

オンライン速読講座 お申込フォーム

登録 解除
 例)info@sample.jp
メールアドレスに誤りがありますと、お客様にメールが届きません。今一度ご確認ください。

 例)山田 太郎
 例)ヤマダ タロウ
 例)150-6090
 例)○○市△△区□町1-1
 例)03-1234-5678