[ビジネス速読MM]2007.11.06号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ◆ 自分をバージョンアップする!脳力開発のナビゲーター ◆ ◇
◇ ◆ 『仕事と学習の効率3倍アップ!~ビジネス速読術講座』 ◆ ◇
─────────────────────────────────
[ Vol.226/読者数:7,374名]     提供:SRR速読教室 寺田
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 こんにちは。SRR速読教室の寺田です。
 
 長らくメルマガ発行をさぼっておりました。すみまんせん。m(_ _)m
 
 パソコンが変わって、Vistaにもてあそばれたり、風邪を引いたり、倒
れたり…と、いろいろやらかしておりました。
 
 気がついたら11月も1週間が過ぎようかっていう時期になってしまっ
てましたね。忘年会もぼちぼちスケジュールに入り始めた時期ではないで
しょうか。(私も、明日が今年最初の忘年会です。)
 
 年を忘れるのもいいですが、これから2ヶ月の過ごし方と、来たる2008
年の過ごし方をしっかりと頭に描き、言葉、スケジュール帳に落とし込ん
でおきたいものですね。
 
 では、今週も成功曲線を描きながら、がんばっていきましょう!
 
┌————————————————————┐
|  (^-^)初めてこのメルマガをご覧くださるみなさんへ(^-^)  |
|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
|○このメールマガジンは「本当に実用的な速読術や脳力開発」を求|
| める人のために、冷静で確かな情報を提供することを目的として|
| 発行しています。                     |
|○「速読」といってもいろいろな人がいろいろなことを言っていて|
| 何が真実か分からないようなところがありますが、このメルマガ|
| では夢のようなことや非科学的なことを求めず、確かな手応えと|
| して実感でき、実践・活用できる速読術のノウハウや脳力開発の|
| の情報を提供したいと考えています。            |
|○サイトにも山のような情報がありますので、そちらも参考にして|
| みてくださいね。                     |
| ・SRR速読教室 >> https://www.focusreading.jp/       |
|★産経新聞Web「Iza!」でも専門家ブログを執筆中です♪     |
| >> http://sr20.iza.ne.jp/blog/               |
└————————————————————┘
 ※バックナンバーはこちらでお読み頂けます。
 >> https://www.focusreading.jp/Inside/JumpTo.php?id=MM_BackNumbers
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■□ 今 回 の お 題 □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆ビジネスパーソンのための脳力開発講座 心技体で磨こう!(3)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1月の3連休(2008/01/12-14)は【福岡】で3日間集中講座を開催し
 ます。(内容は東京での講座とまったく同じです。)
 
 参加をご希望の方はお早めにお申し込みください。
 
 >> https://www.focusreading.jp/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■心技体で磨こう!(3)            ■SRR流脳力開発講座■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2週間もあけてしまうと、何の話だっけ?ってことになってしまいます
が、とりあえず効果的に学び、しっかりと成長していくためには、正しい
メソッドを採用することと、自分のステージにあったやり方をしなくては
いけませんよっていうお話をしようとしていました。
 
 思い出していただけましたか?
 
 思い出せない、あるいは初めて読むよって方は、ぜひバックナンバーの
コーナーで過去2号分を読んでみてくださいね。
 
>> https://www.focusreading.jp/Inside/JumpTo.php?id=MM_BackNumbers
 
 さて、社会人が読書を通じて学ぶという場合、非常に大きなポイントは
「自分のステージに合った学び方をおこなうこと」であり、それは「心技
体」という3つの視点で考えなければなりません。
 
 武道やスポーツの世界では「心技体が充実してこその勝利」なんて言い
方がされますよね。
 
 これは何の世界でも言えることです。
 
 そして、その「心技体」を充実させられるような学び方をして初めて、
本当に納得のいく成長が手に入るものなのです。
 
 たとえば「営業マン」としての成長を願うのであれば、
 
・心:仕事とは人に喜びを施すことであり、営業マンというのは…という
   ような「よき営業マン、よき企業人としての心」
 
・技:営業のトーク、クロージングの技術など、本質的か小手先かは別と
   して「技術」として語ることができ、まねることの出来るもの
 
・体:場数を踏むことで蓄積される経験値、あるいは営業、マーケティン
   グの理論など「技」を活かす前提となる基本の部分
 
というような3つを考えなければならないわけです。
 
 この3つがバランスよく充実してこそ、本当に成績の上がる営業マンに
なれるって考えてみてください。
 
 今、ビジネス書などで学べるものは、基本的に「技」の部分が中心にな
ってしまっています。いくら技を学んだところで、それを使いこなすだけ
の「体」がなければならないし、その大前提として「正しい心」を養って
おかなければいけないわけです。
 
 最近大ヒットした書籍「ノウハウを学んでいるのに、なぜ儲からないの
か」も、まさにこの部分にフォーカスした内容になっています。ノウハウ
をいくら学んでも、それを活かす「心」「体」ができていないとだめです
よって、わかりやすい語り口で説いてくれています。
 
☆吉井亮介著「ノウハウを学んでいるのに、なぜ儲からないのか」
https://www.focusreading.jp/Recommend/JumpTo.php?id=WhyMoukaranai
 
 ただ、私たちはどうしても即効性とか具体性とかを求めてしまいがちで
す。本当は「心」とか「体」の部分が大事だってことは分かっているんで
すね。
 
 だから「そういうことは分かってるから、すぐに成果の上がる方法を教
えてよ」って思ってしまいます。
 
 でも、やっぱりその基本の部分が軽薄だから成果が上がっていないわけ
です。分かってはいるんだけど、薄っぺら、と。
 
 ここで翻って、読書で何かを学ぼうとする自分はどうだろうって考えて
みましょう。
 
 何を学ばなければならないんだろう?って。心・技・体って、自分にと
っては何なんだろうって。
 
 自分が読んでいる本は、本当に自分の心技体を高めてくれる本だろうか
って。単に勧められるがままに「読まされて」いないだろうか?って。
 
 いかがでしょう?
 
 その上でさらに考えてみましょう。
 
 「読書の心技体」はどうだろう?って。
 
・「技」としての「速読術」ばかりを求めてないだろうか?
・「体」としての基本的な読解力とか洞察力、想像力は十分に働いている
 だろうか?
 
・何のために読んでいるのかっていう「心」の部分は確かめられているだ
 ろうか?
 
 そんなふうに考えていくと、本当に成長志向で読書をしようと思ったら、
「体」作りとしての「熟読玩味する読書」を励行する必要がありそうです
ね。
 
 心を耕し、感性を豊かにする名著や古典にもたくさん触れる必要があり
そうです!
 
 情報化社会ってのは、やたらとノイズが入ってきて、気がついたら流さ
れてた、煽られてたってことになりやすい社会です。
 
 本を薦める記事に出会ったら、「勧めている人は、どういうステージに
立って、この本を評価しているんだろう?」、「今の自分にとって、本当
に必要なものだろうか?」って、一度考えてみなければなりませんね。
 
 煽られて本を買って、本を処理するために「技」として速読を学んでも、
単に「煽られてるだけ」ってことに変わりありません。
 
 むしろ「煽られ方」が加速したりして!!
 
 速読を身につけた方、身につけたいと思っている方は、もう1つ心に留
めておいていただきたいことがあります。
 
 速読できるような本を、読める程度に読み流して多読を誇っても意味は
ありません。
 
 「量は質に転化する」なんて言いますが、それは「体」をしっかりと作
り上げた人が量をこなした場合か、「体」を作るようなしっかりとした実
のある読書をした場合にだけ言える話です。
 
 薄っぺらな多読は軽薄な言葉と思想しか生みません。そのことは速読を
学ぶ人には意識しておいていただきたいところです。
 
 ぜひ、自分の人生の、あるいはビジネスの「心技体」を鍛える読書って
どんなものなんだろうって、ゆっくり考えてみてください。
 
 自分のレベル、ステージでは、どんな本を読むことが自分を育てること
につながるんだろう、どういう読み方をしたらいいんだろうって。
 
 ・・と、前振りが長かった割には、あっさりとした話になってしまいま
したが、「心技体で学ぼう」のお話はこれにて・・・。
_________________________________
■最後まで読んでくださったことに感謝!   ■編集後記&あとがき■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【つぶやき】
 
○おかげさまで11月1日の博多非凡会ゲスト講演「ビジネスパーソンの
 ための成長を加速する学び方講座」は大好評のうちに終えることができ
 ました。(自分で言ってりゃ世話ないですが!)
 
○この講演は、今書いている本の中身をギュッと絞り出してお話させてい
 ただいたのですが、自分にとっても書きたい内容の整理ができました。
 
○11月は合計で10日以上、東京に滞在することになってますし、何か
 とばたばたしそうですが、しっかりと本の執筆を進めていこうと思って
 います。
 
○ところで、あなたが日頃感じている「読書の悩み」ってありますか?な
 んか釈然としないとか、どうしたらいいんだろう、みたいな悩みがあっ
 たら是非お聞かせください!
 
○このメルマガでも、春に出す書籍でも、読書の悩みを乗り越えて成長し
 ていけるような内容をお届けしたいと思っています。
 
○ということで、また次回お目にかかりましょう。(^o^)/~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆寺田運営のHPとブログ ~お暇なら、時々遊びに来てください♪
 
 @速読に関するコラム、速読修得者むらいさんによる読書ブログ
 
 >> http://www.sr20.jp/
 
 @1度ご来店くださったお客様にリピータになっていただくツール…?
 
  >> http://wm.small-biz.jp/
 @英語力ビルディングを目指す人のための英語学習情報サイト
  『えいご道(みち)』
  >> http://www.e-builder.jp/
  >> http://www.eigo-michi.com/
 
 @URL転送・URL短縮スクリプト「クリックマネージャー」
 
  >> http://cm.small-biz.jp/
 
  このメルマガでは、office-srr.com内の記事への転送は Inside、
  外部の記事への転送は Recommend という形でおこなっています。
  このツールを自分のブログやメルマガで使ってみたいという方は
  メールでご連絡ください♪(^^)
 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
_________________________________
■The End of Document!■ 発行:SRR速読教室    寺田 昌嗣■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆このメルマガはマグマグの配信システムを利用しています。
☆解除をご希望の方はこちらからお願いします。
             -> http://archive.mag2.com/0000059111/index.html
 また、機会がありましたら、よろしくお願いします!
 
                =================================
                 ◇本を読む楽しさをあなたに!◇
                 SRR速読教室 代表 寺田正嗣
                  https://www.focusreading.jp/
                  mailto:hello@office-srr.com
                =================================
●●

タイトルとURLをコピーしました