[ビジネス速読MM]2007.07.31号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ ◆ 自分をバージョンアップする!脳力開発のナビゲーター ◆ ◇
◇ ◆ 『仕事と学習の効率3倍アップ!~ビジネス速読術講座』 ◆ ◇
─────────────────────────────────
[ Vol.217/読者数:7,269名]     提供:SRR速読教室 寺田
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 こんにちは。SRR速読教室の寺田です。
 
 いよいよ明日から8月、世間が「だれる」時期ですね。
 
 受験の世界では「夏を征するものは受験を征す」と言われます。
 
 でも実は人と競合する世界であれば、人がだれる時に続けられる人が勝
者になります。
 
 ということは、夏を征する者は勝負を制すですし、4日目(3日ボウズ
の翌日)を制する者は勝負を制すですね。
 
 苦しい時にどう勉強を続けるかということについて、古市さんという方
が本に書いてくださってます。
『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』(古市幸雄著)
>> https://www.focusreading.jp/Recommend/JumpTo.php?id=30min
 これは昔、1万円の教材として販売されていて、それほどマーケティン
グ活動をしていないにもかかわらず爆発的に売れた本です。私も手にとっ
て読んだ時、非常に感動しました。(A4サイズぐらいのスケッチブック
のようなものに印刷されて自主制作の本でした。)
 
 石原明さんに古市さんのことを聞いたら「彼は天才だよ」とヒトコト。
(古市さんには、その後、英語教材のプロデュースの時にアドバイスをい
ただいたこともあります。もともと英語指導のプロなんですよ。)
 
 書かれている内容は、まったく奇をてらったようなものはなく、本当に
自分自身で実践したこと、誰でも実践できることです。この手の本は「頭
の中で妄想して書いただろう」と言いたくなるようなモノが多かったり、
「あんただからできるんでしょ?」と言いたくなるようなものが多かった
のですが、この本はそういうことはまったくありません。
 
 本当に、明日から実践できる内容が非常に分かりやすく、具体的に書か
れています。しかも「なるほど、そういう考え方が必要なんだ」っていう
気づき満載です。
 
 いまいち、勉強が軌道に乗ってないなって思う方は一度読んでみてくだ
さい。そして、読んだら実行できるところから実行に移してみましょう。
すぐに変わりますよ!
 
『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55』(古市幸雄著)
>> https://www.focusreading.jp/Recommend/JumpTo.php?id=30min
 
 では、今週も成功曲線を描きながら、がんばっていきましょう!
 
┌————————————————————┐
|  (^-^)初めてこのメルマガをご覧くださるみなさんへ(^-^)  |
|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
|○このメールマガジンは「本当に実用的な速読術や脳力開発」を求|
| める人のために、冷静で確かな情報を提供することを目的として|
| 発行しています。                     |
|○「速読」といってもいろいろな人がいろいろなことを言っていて|
| 何が真実か分からないようなところがありますが、このメルマガ|
| では夢のようなことや非科学的なことを求めず、確かな手応えと|
| して実感でき、実践・活用できる速読術のノウハウや脳力開発の|
| の情報を提供したいと考えています。            |
|○サイトにも山のような情報がありますので、そちらも参考にして|
| みてくださいね。                     |
| ・SRR速読教室 >> https://www.focusreading.jp/       |
|★産経新聞Web「Iza!」でも専門家ブログを執筆中です♪     |
| >> http://sr20.iza.ne.jp/blog/               |
└————————————————————┘
 ※バックナンバーはこちらでお読み頂けます。
 >> https://www.focusreading.jp/Inside/JumpTo.php?id=MM_BackNumbers
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■□ 今 回 の お 題 □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
☆SRR速読術トレーニング講座 「やっぱ多読ですか?」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 9月の3日間集中レッスンは満席となりました。次は11月開催となり
 ます。ぼちぼち受講者を募集します。興味のある方はこちらをどうぞ。
 
 >> https://www.focusreading.jp/Inside/JumpTo.php?id=CLesson
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「やっぱ多読ですか?」       ■SRR速読術トレーニング講座■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 福岡での2週連続コースの1週目が終わりました。
 
 その席で受講者の方から質問がありました。
 
 「寺田さん、やっぱ情報を手に入れたり、力を付けたりしようと思った
 ら多読なんですかね?」
 
と。
 
 今日はこの言葉にツッコミを入れつつ、読書って何だろう?って話をし
てみようと思います。
 
 まず「やっぱ」ってのがそもそも問題です。なんで「やっぱり」なのか?
 
 前にも書いたことがありますが、私たちは情報化社会の中で「どんどん
本を読むべき」っていう根拠のないプレッシャーを受けているということ
なのかなと思います。
 
 これだけメルマガやブログで「お薦めの本」を紹介されると「どんどん
読まなきゃ!」っていう気持ちになるのも仕方ないですよね~。(^^;
 
 では「情報を手に入れたり」「力を付けたり」という部分はどうか?
 
 「力」という言葉が曖昧ですので、そこから考えなければなりませんね。
 
 私たちは「読書」とか「読書力」という言葉をなんとなく使いがちです。
いや、別にこの言葉に限ったことではありません。具体性を持たせず、曖
昧に、総論的に語られる言葉が非常に多いですね。
 
 先週の参議院選挙でも「国民のみなさんに」という言葉が聞こえてきま
した。しかし「国民のみなさんって誰よ?」っていうツッコミを入れてみ
ないといけません。
 
 顔の見えない国民なんて大事にできるわけががありません。そういう政
策ってのは、だいたいにおいて誰のことも大事にしていないものです。
 
 そういえばマーケティングでも、これこれこういう「あなた」のための
商品ですよってことを明確にアピールした方がものが売れるっていわれま
すよね。それも「具体的に語る」ってことです。
 
 話がそれましたが、受講者の方が語った「読書」「力」って何?ってこ
とです。
 
 まず「読書」というものは、大ざっぱにいって3つに区別して考えなけ
ればならないってことを頭に置いておくといいでしょう。
 
 1つは「読むこと、それ自体を目的とした読書」です。「本を楽しむ読
書」、「本を読んでいる時間こそに価値がある読書」とも言えるでしょう。
 
 そして「読むことで、何かを得ようとする読書」です。「本で○○読む」
と表現したこともありましたよね?
 
 この「何か」の部分が「言葉」、「情報」なのか、「思考力」「想像力」
といった「読み解く力」なのかによって、さらに2つに区別して考えるこ
とができます。
 
 それで合計3つ。
 
 このメルマガで考えているのは、後者2つです。
 
 「言葉」「情報」というものも、もう少しきちんと区分すれば「言葉」
によって表現される「視点」「思考」「問題意識」などの「気づき」と、
それ自体に価値はなく、それをどう活かすかが問われる「情報」「データ」
とに分けられるでしょう。
 
 ということは、「読書の、その先」に
 
○視点、思考、問題意識などの「言葉」を手に入れる読書。
 
○情報、データを手に入れる読書。
 
○思考力、想像力を手に入れる読書。
 
という3つに区別できるってことですね。
 
 続いて「力」の部分。これが「読書力」であれば、「思考力」「想像力」
などを含めて「文章を読み解く力」、あるいは読んだ内容をまとめる力と
いった力が考えられます。
 
 あるいは「読書を通じて手に入れるビジネス力」かも知れません。
 
 これは「本から適切に情報を読み取る力」、「幅広い情報を手に入れる
力」、「本から自分の仕事に生かせる知識、視点を手に入れる力」など、
考え出したらきりがありませんね。
 
 ・・・ということで、最初の話に戻りますと、そういうことを明確にし
ないと「多読ですよね」かどうか、誰にも分かりません。
 
 逆に多読から得られるモノは何か?というと、これは「その人の読書力
次第です」ということになります。
 
 一般論で言いますと、多読で手に入るのは「幅の広い情報」だったり、
「いい本と巡り会うチャンス」だったりします。読書力の高い人は、速読
による多読でも、他の人が読み落としてしまうような情報もしっかりと自
分のモノにしてしまいます。
 
 スゴイ系の人が「多読・乱読がいい」と薦めがちなのは、そういう本人
の特殊事情があります。そのことを理解せずに「そうか、多読か!」って
思ってしまうと失敗します。
 
 ということで、まずは「読書」の先に何を求めるのかということを考え
てみてはいかがでしょうか。
 
 思考力を手に入れたり、想像力を手に入れたりするには、熟読、熟考す
るしかありません。速読で「他人の思考の過程と結果」を手に入れたとし
ても、それは思考力を手に入れたことにはなりません。
 
 作者の視点、言葉に「気づき」を得ながら、作者と同じ思考過程をたど
ってみてください。なぜ、この人はこういう結論にいたったんだろう?っ
て。
 
 これは今時の新刊書を読んでもダメかも知れません。1ページを読むの
に2分も3分もかかるような本を読みましょう。(というか、そういう読
み方を心がけましょうってことですね!)
 
 例えば池田晶子さんの本なんか、そのトレーニング用の本としてお勧め
です。
 
○例:「知ることより考えること」池田晶子著
>> https://www.focusreading.jp/Recommend/JumpTo.php?id=Kangaeru
 
 いやもちろん、「7つの習慣」のような、いわゆる古典と呼ぶべき名著
をじっくり読み解くだけでも十分です。前に紹介した「新ネットワーク思
考」もそうですね。
 
 そういう読み方をしていても、もちろん情報、言葉を手に入れる作業は
可能です。
 
 ただし、思考力などは読む作業それ自体に意味がありますが、言葉や情
報は線を引いたり、抜き出したりして「記憶に残す」取り組みをしなけれ
ばなりません。
 
 逆、つまり情報を読む中で思考力を手に入れるという作業は、ちょいと
難しそうです。というか、情報を手に入れることが目的の読書であれば、
徹底的に投資対効果で考えなければなりません。
 
 途中で考え込んでしまっていては、何をしているんだか分からなくなっ
てしまいます。
 
 投資という言い方をするなら、情報、言葉を手に入れるのは「短期投資」、
思考力を手に入れるのは「長期投資」と考えて、区別しておこなわなけれ
ば「あれもこれも」のスタンスで読書に取り組むと、結局何も得られない
ということになりかねません。
 
 ビジネスでいうと、短期で成果を上げるべきマーケティングへの投資な
のか、人材育成に使う投資なのかってことになるでしょうか。
 
 ちょいと長くなりましたが、自分は読書に何を求めているんだっけ?っ
てことを考え直すきっかけにしていただければと思います!
_________________________________
■最後まで読んでくださったことに感謝!   ■編集後記&あとがき■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【つぶやき】
 
○「今月中に、本の原稿(たたき台)を完成させる」という目標は、もろ
 くも崩れ去りました。(–; やはり甘かったか・・・。
 
○とりあえず、今週中に仕上げます。その後、1ヶ月かけて、どういう本
 に仕上げていくか検討します。
 
○原稿を書く作業は苦手ですし、かなり大変ですが、今までで一番ノッて
 書けています。これは、「本って何?」「本を書くってのはどういう意
 味があるのか?」ってことを、土井さんのコンサルティングを受けなが
 ら考えてきたお陰だなって感じます。
 
○やはりその道の達人の指導を受けるってのはいいですね。(^^)
 
○8月はメルマガコンサルタントの平野さんの講演を聴きにいきます。そ
 の後の懇親会、さらにその後の2次会、3次会まで食いついて行って、
 とことん彼の思考を吸収してこようと思っています!
 
○ということで、また次回お目にかかりましょう。(^o^)/~
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆寺田運営のHPとブログ ~お暇なら、時々遊びに来てください♪
 @1度ご来店くださったお客様にリピータになっていただくツール…?
 
  >> http://wm.small-biz.jp/
 @英語力ビルディングを目指す人のための英語学習情報サイト
  『えいご道(みち)』
  >> http://www.e-builder.jp/
  >> http://www.eigo-michi.com/
 
 @URL転送・URL短縮スクリプト「クリックマネージャー」
 
  >> http://cm.small-biz.jp/
 
  このメルマガでは、office-srr.com内の記事への転送は Inside、
  外部の記事への転送は Recommend という形でおこなっています。
  このツールを自分のブログやメルマガで使ってみたいという方は
  メールでご連絡ください♪(^^)
 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
_________________________________
■The End of Document!■ 発行:SRR速読教室    寺田 昌嗣■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆このメルマガはマグマグの配信システムを利用しています。
☆解除をご希望の方はこちらからお願いします。
             -> http://archive.mag2.com/0000059111/index.html
 また、機会がありましたら、よろしくお願いします!
 
                =================================
                 ◇本を読む楽しさをあなたに!◇
                 SRR速読教室 代表 寺田正嗣
                  https://www.focusreading.jp/
                  mailto:hello@office-srr.com
                =================================
●●

タイトルとURLをコピーしました