[ビジネス速読MM]2011.11.09号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇ ◆       1冊10分!ビジネスに効く速読術       ◆ ◇
◇ ◆  フ ォ ー カ ス ・ リ ー デ ィ ン グ 講 座  ◆ ◇
────────────────────────────────────
■□Vol. 401■                  2011年11月09日発行□■
────────────────────────────────────
[読者数:5,119名(独自配信)]       提供:ビジネス速読研究所 寺田
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今回のお題 >> 手帳を使いこなそう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メルマガ不要という方、心当たりのない方はクリックして解除してください。
<%cancel%>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんにちは。ビジネス速読術講座ナビゲーターの寺田です。
 
手帳はもはや時間やタスクを管理するためのものではありません。
 
あなたは手帳を使いこなしていますか?
 
「手帳以上」の価値を持たせていますか?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【今回からメルマガをお読みくださる方へ】
────────────────────────────────────
初めまして。(^^* このたびはご登録、ありがとうございました。
 
このメルマガは速読・読書の話を中心にしつつ、もう少し広く「効果的な学び」
についての情報をお届けしています。
 
少しでも読者であるあなたに役に立つ情報をお届けしたいと思っていますので、
ご質問やご要望があれば、ぜひ遠慮なくお寄せください。
(このメルマガへの返信で届きます。)
 
では、末永くおつきあいください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ■□ コ ン テ ン ツ □■            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.学びのツボ         手帳を使いこなそう!
2.速読のツボ         脳の使い方を変える?
3.最近の1冊         「x細胞は深く息をする」
4.耳寄り情報         ---
5.編集後記&お知らせ
────────────────────────────────────
☆ビジネス速読術3日間集中講座:2012/ 1/ 7- 9;3連休,東京
 >> https://seminar.office-srr.com/3days/201217-9.html
☆高速学習セミナー      :2011/11/27(日)
 >> https://www.focusreading.jp/news/hyperlearning27nov2011.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【学びのツボ】■ 手帳を使いこなそう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イントロで思いっきり煽っておきながら、
 
書いてみたら文章が長くなりました。
 
そういうわけで、ブログに飛ばしました。(–; す、すみません。
 
>> http://sr20.iza.ne.jp/blog/entry/2503474/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【速読のツボ】■ 脳の使い方を変える?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
速読とは「速い読書」でありつつも、
 
「速く読む」のではなく「読み方をシフトする」ものです。
 
このあたり、正しい速読のとらえ方を、まず理解しておいてください。
 
※拙著『フォーカス・リーディング』に詳しく解説しています。
 >> https://www.focusreading.jp/info/GoToAmazon.php?id=FocusR
 
「音にしない」とか「映像として処理する」とか、
 
そんなことは速読の本質ではありません。
 
#映像として…というのは「文字のとらえ方」の表現であって、
 映像として処理することは不可能です。
 文字は意味の記号であって、もともとは「音」ですからね。
 
 
たとえば、1ページ8秒ぐらいで読めるようになったとしても、
 
その時の感覚というのは、あくまで「今までと変わらない理解」です。
 
ただ、時間の流れだけがゆるやかになる、そんなイメージ。
 
 
 
今週末の受講者さんの自主トレが続いているのですが、
 
その中の数名の方が、すでにその「シフトした読書」を手に入れています。
 
そのお一人が「スローモーションの中にいる」と表現していらっしゃいました。
 
でも、普通に読んでいる、と。
 
 
 
この状態が右脳主体の処理なのか、左脳主体の処理なのか、
 
そんなことは分かりません。
 
分かったところで意味はありません。
 
#時々、それを脳の活性化を示す映像でもって
 「ほら、右脳が活性化してます」などとうそぶく人もいます。
 ですが、それは脳に血液が流れている様子を示しているだけであって、
 それが「脳で処理をしている」証拠だというわけではありません。
 
そもそも脳はブラックボックスですからね。
 
速読に限らず、英語学習などでも「右脳活用」などと「脳」の話を出すのは、
 
他に語れる具体的なメソッドや表現手段を持っていない証拠です。
 
 
 
脳の使い方は分からない。
 
だから考えても仕方がない。
 
これが基本です。
 
 
 
では、何をトレーニングし、磨けばいいかというと、「体の使い方」です。
 
体の使い方が分かってくると、
 
だんだん、そういう「シフトした状態」を実現・再現するのが巧くなります。
 
明らかに「頭の使い方が変わる」ような体と意識の状態ってのがあるんですよ。
 
拙著では「速読モード」という言葉で表現しています。
 
おそらくは脳の状態も変わっているはずです。
 
同じくこれを「ステート・チェンジ」と表現しています。
 
いずれにせよ、そういう「いい状態」に入る「スイッチ」を見つけることが
 
速読トレーニングの目指すところの1つなんですね。
 
 
 
そのスイッチの1つがコントロールされた深い腹式呼吸。
 
一点集中ほか基本3種トレーニングを続けて行くうちに、
 
自然体で「いい姿勢、いい呼吸」が作れるようになり、
 
やがて「楽に速読モードに入れるようになる」ものです。
 
 
 
もちろん、モードに入ったからといって、
 
それで速読が可能になるわけではありません。
 
視点のコントロールを体に覚えさせ、
 
視野の広さのコントロールを、意識の入力レベルの強さと連動させ、
それをコントロールする感覚を、やはり体に覚えさせる必要があります。
 
いずれにしても、ひたすら姿勢を整え、呼吸を整え、繰り返し練習するだけ。
 
だから「体育会系」なんですね。
 
 
 
詳しいトレーニング方法は『速習!フォーカス・リーディング講座』に
 
詳細に書いていますので、ぜひ「体の感覚」を探ってみてください。
 
脳の使い方を変える方法は分からなくても、
 
体の使い方を変えることは、簡単ではありませんが、誰でも可能です。
 
あと、大切なことは「今までの読書を、一度、手放すこと」ですね。
 
まだ、「シフトする」感覚がつかめていない方は、
 
まずは姿勢(目前心後+上虚下実)+コントロールされた呼吸から!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【最近の1冊】■ 『x細胞は深く息をする』(やまあき道屯作)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時として「心臓移植のために渡米」というニュースが伝えられます。
 
私自身、一時期「臓器提供意思表示カード」を持ち歩いていました。
 
それを捨てたのは12年前。
 
臓器移植がいいとか悪いとか、そんな価値判断をするつもりはありません。
 
ただ、自分は「家族のためにやめておこう」─そう思ったまでです。
 
 
今回ご紹介する本、実は漫画です。
 
繊細で優しいタッチの、一見すると少女漫画的な社会派漫画。
 
私が言うのは似合わない気がしますが、
 
恋愛小説の独特の甘酸っぱさと切なさを漂わせつつも、
 
命とは何か?
 
脳死は本当に人の死なのか?
 
臓器移植を待ち望む家族の心は? 提供者の家族の心は?
 
そんな「人の死」についての哲学を、真正面から突きつけます。
 
 
何とも苦しく、切ないエンディング。
 
あとを引きます。。。
 
いつまでもモヤモヤが残り・・・
 
「もう1回読みたい」のに、
 
切なすぎて、読み返すと10秒で、深いため息と共に本を閉じてしまいます。
 
 
物思いにふけるのにふさわしい「読書の秋」のお供にいかがでしょう?
 
☆やまあき道屯作『x細胞は深く息をする』
>> https://www.focusreading.jp/info/GoToAmazon.php?id=x-cells
____________________________________
■最後まで読んでくださったことに感謝!      ■編集後記&お知らせ■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【つぶやき】
 
○「手帳を使いこなそう!」のブログ記事にも書いたのですが、今朝の早朝の読
 書会はテレビ取材が入りました。
 
○福岡ローカルの情報番組で数分間流れるだけらしいのですが、1時間にわたる
 撮影となりました。(こちらは自然体で勉強会を進めていただけですが。)
 
○2011年も残すところ1ヶ月半ってことで、もう2012年を視野に入れて行動する
 季節なんですよね。
 
○私もそろそろ2012年の自作オリジナル手帳を作ろうと思います。
 
○では、また来週、お会いしましょう! ヾ(^^*♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□           ご  案  内  ♪           □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★現在、下記の講座の受講申し込みを受け付け中です。
 
 ・資格試験、専門分野学習をガツンと進めたい方のための
  「高速学習セミナー」(2011年11月27日(日)10:00~16:00)
  >> https://www.focusreading.jp/news/hyperlearning27nov2011.html
 
 ・ビジネス速読術3日間集中講座(東京、2012/ 1/ 7- 9;3連休)
 
  ※2ヶ月前までにお申し込みくださった方は、事前にフォローアップ講座を
   無料で受講して頂けます。自主トレの目や姿勢のチェックにどうぞ。(^^*
   また、講座の1週間前までにテキストのDay 17までを終えた方には(最低
   6回のレポート提出が必要です)31,500円のキャッシュバックがあります。
   (他の割引との併用はできません。)
 
 ☆日程確認&申し込み >> https://www.focusreading.jp/info/semi_mm/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
※このメルマガ内では外部サイトへのリンクは基本的に JumpTo.php という
 プログラムを使っています。これはクリック数を測定するためのツールで、
 メルマガの質向上のための検証作業に利用しています。
____________________________________
■The End of Document!■ 発行:ビジネス速読研究所     寺田 昌嗣■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☆発行元    J・エデュケーション
☆発行責任者  寺田 昌嗣
 
  ※寺田プロフィール >> https://www.focusreading.jp/profile.html
 
☆修得率95%の実用的速読術のノウハウ公開!『フォーカス・リーディング』
 >> https://www.focusreading.jp/info/GoToAmazon.php?id=FocusR
 
☆図解+イラストで速読をマスター!『速習!フォーカス・リーディング講座』
 >> https://www.focusreading.jp/info/GoToAmazon.php?id=SokushuFocus_mm
 
==================================
 ◇本を読む楽しさをあなたに!◇
  J-Education 代表 寺田昌嗣
  https://www.focusreading.jp/
==================================
●●

タイトルとURLをコピーしました