[ビジネス速読MM]2012.05.02号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol. 426
───────────────────────────────
2012年 5月 2日発行             [読者数: 5,780名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
気がついたら2週もメルマガ発行をすっぽかしていたようで…
 
(–; お恥ずかしい…。
 
小学校のPTAの「学年委員長」とやらを引き受けてみたら、
 
これが意外と負荷のかかるお仕事でして。(苦笑)
 
しかも、小学校の「読み聞かせボランティア」にも参戦。
 
 
今まで教師として教育現場に携わっていましたが、
 
今は「保護者」という立場で教育現場を堪能してます。(^^*
 
そういうわけで、メルマガ発行が…と言い訳をしつつ、
 
今週もよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今回からメルマガをお読みくださる方へ
───────────────────────────────
初めまして。(^^*
 
このたびはご登録、ありがとうございました。
 
このメルマガは速読・読書の話を中心にしつつ、
もう少し広く「効果的な学び」についての情報をお届けしています。
 
少しでもあなたに役に立つ情報をお届けしたいと思っています。
ご質問やご要望があれば、ぜひ遠慮なくお寄せください。
(このメルマガへの返信で届きます。)
 
では、末永くおつきあいください。
 
※メルマガ不要という方のために、
 メール最下部に解除リンクをご用意しています。
 なお、4月27日までにメール講座にご登録くださった方にも
 お届けしております。ご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■すべては「現場」で試してみて…
───────────────────────────────
講座で高い成果が上がったと思って満足していたのに…
 
本を読んだ時は「おー、学びがあったーっ」とか吠えていたのに…
 
結局は実践で使い物にならなかった…orz
 
そんな経験ってありませんか?
 
 
講座であれば、講師のエネルギー、場のエネルギーなどを得て
特殊な高揚感に包まれていますよね。
 
そういう場って、いつも以上の力が発揮できていたり、
あるいは単に高揚感でだまされていたり…。
 
#ボロが出ないように講師があの手この手でごまかすことも。。。
 
 
本だと「頭の中ではできる気がした」ということもありますよね。
 
数学の証明問題で、見た瞬間は「あ、できそう!」と思ったのに、
解き始めたら迷宮入り…というのと似ています。
 
 
 
いずれにせよ、それが本当に価値のあるものかどうかは、
現場で使ってみて初めて分かるものなのです。
 
「速読したい!」っていう、目的意識が、
 
「この書類を整理しなきゃっ!」っていう
 
リアルな目的意識に置き換わった、そんな仕事の現場で。
 
 
だから、フォーカス・リーディング講座で最重要視しているのは、
 
「レッスンが終わって2週間後に技術が使いこなせているか」
 
ですし、
 
「1年後に読書がどう変わり、
 仕事のステージがどれだけ上がっているか」
 
なのです。
 
 
ということで、今回も昨日から「集中サポート」がスタート。
 
|実際の集中サポートはこんな感じでやってます。
| 
|★2週間のサポート会場(レポート提出会場)
https://www.focusreading.jp/vip/201011tokyo/post-lesson.html
| 
|★個人へのアドバイスページ(個人レポート集積コーナー)
https://www.focusreading.jp/vip/201106fukuoka/morinaga_a.html
 
 
 
その中で、さっそく
 
「人に教えるために事例を細かに知りたい。
 しかし、事例を中心に読みたいと思ったらスピードが下がりました」
 
との悩みが出てきました。
 
講座の中では、こういう「リアルな目的意識」はないんですよね。(^^*
 
現場の中で使ってみて初めてぶつかる問題です。
 
 
 
ちなみにその方の状況はと言いますと…
 
■初日(レッスンが終わった次の日)
|下 読 み:10分で200ページ [理解75%]
|重ね読み:20分で217ページ [理解85%]
 
■2日目
|下 読 み:10分で140ページ [理解60%]
|重ね読み:20分で208ページ [理解80%]
 
こんな感じでした。
 
ま、レベルの高い悩みではあるのですが。(^^;
 
 
ともあれ、「事例にフォーカスするとサクサクいかない」と。
 
そして、これはどう解決できるかというと
 
 
「解決しようがない悩み」なんです、実は!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
「事例も速く読みたい!」という発想自体が間違い。
 
それはなぜかといいますと、
 
事例というのは、
 
事実の関係性を確かめながら積み上げていく必要があるからです。
 
いわゆる「ボトムアップ処理」なんです。
 
#フォーカス・リーディングって「トップダウン処理」が
 基本なんですよ。(^^*
 
 
 
これは決して
 
「ボトムアップ処理しなければならないものは速読できない」
 
ということではありません。
 
実際、その方も十分速いわけですし。
 
ただ、「なんでも同じように読めるわけではない」ということ。
 
 
 
そういう「何ができて、何ができないか」を知ることも重要です。
 
そうでないと、無駄に悩んでしまうことになりますからね!
 
 
このメルマガやブログでも、そういう
 
「妄想を排したリアルな速読」
 
を、正しくお伝えしていきたいと思っています。d(^^*
 
 
もしあなたが、本を読んでいて「これってどうしたらいいの?」と
悩むことがあれば、遠慮なく質問してくださいね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ぜひ、関連して読んでおいていただきたいコラムのエントリー
 
☆参考記事:『速読的「事例」の読み方』
https://www.focusreading.jp/speedreading/precedent.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【編集後記】最後まで読んでくださったことに感謝!
───────────────────────────────
 
○いよいよゴールデンウィーク後半ですね。
 
○私は集中サポートで毎日仕事は続きますが、受講者の皆さんの
 飛躍を、しっかりサポートしていこうと思っています。
 
○もう7月(福岡)、9月(東京)のレッスンもお席がかなり
 埋まってきています。
 
○こちらの事前サポートもしっかりやっていかなければ!
 
○では、また次回、お目にかかりましょう!L(^^*♪
 
※↓福岡で初開催の「1日講座」の割り引き情報はこちらですよ↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆仕事も読書も軽やかにこなす情報処理技術と、
 プロフェッショナルとして、確実に成長できる読書技術を学ぶ
 ビジネス速読術1日講座&読書デザイン講座 in 福岡
 
 >> https://www.focusreading.jp/news/1daylesson-in-fukuoka.html
 
☆もし、フォーカス・リーディングの目指す読書の世界を、
 もっと深く知りたいと思ってくださったら、寺田の代表的著書
 『フォーカス・リーディング』を、ぜひご一読ください♪
 
 >> https://www.focusreading.jp/book.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』
      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/bio.html
  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
  お問い合せ >> https://www.focusreading.jp/contact.html
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
●●

タイトルとURLをコピーしました