[ビジネス速読MM]2012.10.10号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol. 446
───────────────────────────────
2012年10月10日発行             [読者数: 6,395名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
空気の冷たさに、秋の深まりを感じる今日この頃ですが、
 
あなたの読書は、「読書の秋」にふさわしく、
 
充実したものになっていますか?
 
 
さて、先週、こんなお問い合せをいただきました。
 
「仕事の量がキャパを超えたので速読を学びたい。
 集中講座に通うべきか? 自学自習で足りるか?」
 
ざっくりまとめちゃってますが…こんな内容です。
 
さて、私はどんな回答をしたでしょう?
 
今回は
 
「ビジネスのボトルネックを解消する上で、速読をどう活用するか」
 
がテーマです。
 
では、今週も充実した学びを!(^^*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インストラクター養成講座について
───────────────────────────────
先週、「号外」でご案内した「インストラクター養成講座」ですが、
予想以上の方からお問い合せをいただきました。(実はびっくり^^;)
 
ただ、フォーカス・リーディングの「公認インストラクター」は
募集しておりません。すみません。
 
※公認インストラクターは、集中講座受講者の皆さんの中で、
 長らく交流がある方からのみ採用させていただいています。
 
すでに学習塾や速読教室をなさっている方に、
私の持っている速読指導ノウハウと、学習指導ノウハウを
ご指導させていただく、というものです。
 
興味をお持ちの方は、現在の活動状況とプロフィールを添えて
ご連絡ください。(このメルマガへの返信でOKです)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今回からメルマガをお読みくださる方へ
───────────────────────────────
初めまして。(^^*
 
このたびはご登録、ありがとうございました。
 
このメルマガは速読・読書の話を中心にしつつ、
もう少し広く「効果的な学び」についての情報をお届けしています。
 
少しでもあなたに役に立つ情報をお届けしたいと思っています。
ご質問やご要望があれば、ぜひ遠慮なくお寄せください。
(このメルマガへの返信で届きます。)
 
では、末永くおつきあいください。
 
※メルマガ不要という方のために、
 メール最下部に解除リンクをご用意しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■速読で仕事の効率を上げよう!
───────────────────────────────
情報処理速度を上げることができれば、
 
仕事の効率は劇的に上がりそうです。
 
取材などでも「仕事の効率が上がりそうですね」と言われます。
 
 
ただ、最初に考えていただきたいことがありまして、、、
 
 
あなたの仕事は、いったい何割が活字の処理に当てられていますか?
 
 
というお話です。
 
 
単純に考えれば、
 
例えば、仕事の中で文字情報を処理している時間が2割なら、
 
倍のスピードで処理できたとしても、
 
全体の効率は1割しか上がらない計算です。
 
 
それをクールに認めた上で、
 
「では、速読で仕事はどう変わる?」
 
と考えてみましょう。
 
 
1.とにかく猛烈に書類を裁かなければならない!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このパターンは、ある意味で分かりやすい話だと思います。
 
「速読の速さがストレートに効く」わけです。
 
ちょいと前の話になりますが、
地方銀行の人事・企画部長さんから、
フォーカス・リーディングをマスターしたことで、
書類を裁くスピードが猛烈に速くなって、仕事が楽になった
という報告をいただきました。
 
※その方は、3日間講座を受講し、理解度B(80%以上)で読んで
 6,000文字/分という驚異的なスピードでした。
 
とにかく、人事、企画に関するあらゆる書類が、
その方のデスクを経由するそうなんですね。
 
その量は、もう半端ではないのだそうで。(^^;
 
それをサクサクと処理できて助かる、と。
 
ちなみに、その姿を目の当たりにし続けていた部下の方が
「部長のような情報処理能力を身につけたいんです!」といって
受講しに来られました。
 
 
ちなみに、外国債を扱うディーラーさんも、
毎朝、A4サイズの政治・経済に関する資料が山のように届き、
それを的確に処理しなければ仕事にならないっ!
ということで受講しにいらっしゃいました。
 
※この方はマンツーマンの5日間講座を受講し、
 理解度Bで1万文字/分を超えていました。
 
多分、このパターンの方はちゃんと講座を受けて、
精度の高い技術をマスターした方が、
トータルでメリットが大きいと思います。(^^;
 
 
2.要所々々に、ヘビーな書類が待ち構えている!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
気合いを入れて読めば、それほどの分量でないのだけど、
エンジンをかけるのに気分的に疲れる…。
 
そんなパターンです。
 
1日の始まりに、大量のメールや書類を裁くとか、
定期的にお役所からの通達文書が届くとか、
そういう場合というのは、実は必要なのは速読技術ではなく、
 
「活字を楽々処理できるという自信」
 
あるいは、
 
「大量の活字に挑もうとする集中力、勢い」
 
のようなものなんですね。きっと。(^^;
 
大量に本を読むはずの大学の先生からも、
 
「やりたい研究からはずれる教養課程の授業の教科書などは
 気が重くなるんですよ。」
 
という話を聞いたことがあります。
 
その方は3ヶ月の通学コースで、
1冊30分レベルの速読をマスターして終わったのですが、
「気楽に本を読めるようになったことが最大の成果」と
おっしゃってました。
 
「授業で学生に語るレベルの本であれば、直前にざっと
 速読するだけで、語るべき内容が頭に入るので重宝してます。」
 
とのことでした。
 
このレベルであれば、3日間講座は不要かも知れません。
 
ただ、自主トレだと一番大切な「破壊力のある集中力」が
身につかないことが多いんですよね。
 
ですから、1日講座+サポートあるいは6ヶ月コースで、
少しずつ集中力と速読技術を磨いていただければと思います。
 
 
3.そこそこメールや書類を処理する程度…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
恐らくこのパターンが最多ボリュームゾーンではないかと…。
 
そして、このパターンでは速読を活かして効率を上げるというのは
あまりないのではないかと思います。
 
実際、受講者の方にお聞きすると、
 
「速さよりも集中モードの作り方や、仕事の緩急の付け方など、
 集中力のコントロールの方が役に立っています」
 
という声が非常に多いものです。(^^;
 
多分、スピードを活かして仕事の効率を上げようとするよりは、
スピードを活かして、細切れ時間にノウハウ書を読んで、
そこで学んだことを活かすことで仕事の効率を上げる方が
メリットが多いのではないかと思いますね。d(^^*
 
であれば、速読の出る幕は限定的です。
 
いつか自分のステージを上げるべく読書で投資を!と思うまでは、
1冊30分ペースで読書を楽しめる技術を手に入れていただければ
OKかな、というところです。
 
もちろん、1冊30分レベルの速読技術であっても、
1ヶ月から3ヶ月程度の自主トレは必要です。
 
コツコツと書籍『速習!フォーカス・リーディング講座』や
動画ナビ付きソフト『自宅マスター講座』を有効利用するのが
理想的でしょうか。
 
認定講師による1日講座+3ヶ月程度のサポート付き自主トレが
一番コストパフォーマンスが高いかも知れません。(^^*
 
 
 
ということで、「速読で仕事の効率を上げる方法」について
3つのタイプに分けてご紹介してみました。
 
フォーカス・リーディングでは、基本的に
速読技術を「価値ある読書を創るための技術」と位置づけています。
 
ですので、今回のような「処理」について語ることは
あまり多くありません。
 
それでも、やはり仕事の効率を上げて、残業を減らすとか、
もっと投資の読書に時間を割きたいとか、
そういう想いは、多くの方からお聞きします。
 
速さへの幻想を捨てつつ、
速さで仕事がどう変わりそうか、
リアルに妄想してみてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【編集後記】最後まで読んでくださったことに感謝!
───────────────────────────────
 
○今週金曜日から、いよいよ大阪での集中講座です。
 
○昨年で最後!と言っていたにもかかわらず、なぜか今年も開催する
 ことになってしまいました。(^^;
 
○今回は平日金曜日からの開講。ご参加くださる皆さんも、かなりの
 覚悟を決めて、会場にいらっしゃるはず。
 
○こちらも自然と気合いが入ります。
 
○この3日間で、2012年の学びの「〆」が充実し、さらに2013年の
 学びのデザインが輝かしいものとして描けるような、そんな技術を
 手に入れていただきたいと思っています。
 
○てなところで、また次回、お目にかかりましょう!L(^^*♪
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講座開催情報
───────────────────────────────
情報処理、ビジネス力を高めるための読書に問題を感じたら、
ぜひご相談ください。(^^*
 
 ・職場が変わり、短期間でがっつり本を読まなければならない方
 ・プロフェッショナルとして幅と厚みを作らなければならない方
 ・日々、膨大な文書を処理しなければならない方
 
☆3日間集中講座(東京:11.17+23-24,福岡:2013.01.12-14)
 >> https://www.focusreading.jp/seminar.html
  
  ※11月集中講座は23~24日の2日間講座として受講可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆本を読んでDVDをもらおう!
───────────────────────────────
 もし、フォーカス・リーディングの目指す読書の世界を、
 もっと深く知りたいと思ってくださったら、寺田の代表的著書
 『フォーカス・リーディング』を、ぜひご一読ください♪
 
 >> https://www.focusreading.jp/book.html
  (DVD&速耳教材プレゼント中です!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』
      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/bio.html
  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
  お問い合せ >> https://www.focusreading.jp/contact.html
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
●●

タイトルとURLをコピーしました