[ビジネス速読MM]2013.10.02号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol. 490
───────────────────────────────
2013年10月03日発行             [読者数: 6,334名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ワンクリックでメルマガを解除するリンクは最下部にございます。
───────────────────────────────
 
こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
あなたも、きっと書籍や講座を通じて、様
々なことを学んでいることと思います。
 
何か、新しい技術、ノウハウを学んだ直後というのは、
いろいろできそうな予感、
新しい世界が広がってそうな予感でワクワクしますよね。(^^*
 
でも、それが「気分」で終わるのか、
 
あるいは、「ちょっとやってみたらできた」で終わるのか、
 
それを武器として「使いこなして成果につなげる」のか、
 
そこが最大の問題です。
 
 
「できそうな予感」と「いい気分」を、
「成果」につなぐものは何だと思いますか?
 
 
実は、私がご指導しているビジネス速読術講座でも、
この問題って、すごく大きなテーマとして存在するんです。
 
 
一昨日、3日間集中講座の「2週間集中サポート」が終わりました。
 
3日間の凝縮したトレーニングで「技術のひとまずの完成」を
手に入れてはいただきますが、
 
それは「特殊な環境でのトレーニングのための読書」に過ぎません。
 
そこにあるのは「これから、どんどん本を読めそうな予感」です。
 
 
集中しやすい教室。
 
刺激を与え合った仲間。
 
「速読をマスターする」ために読む作業。
 
そういう中でつかんだ「もろく、あやうい技術」を、
 
どんな環境、どんな目的、どんな本でもこなせるように、
磨いていくのが、この「2週間集中サポート」期間です。
 
 
この2週間で「本当に使える速読技術になるか」が決まります。
 
さて、2週間、自主トレをしていくわけですが、
 
その過程で、一番大切なことって何だと思いますか?
 
「できそうな予感」を「使いこなせる技術」にする鍵。
 
ということで、本文へ…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※11月2~4日開催、東京3日間集中講座。残席【3】となりました!
>> https://www.focusreading.jp/seminar.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
★フォーカス・リーディング入門講座【申し込み締め切り:10/ 3】
┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│フォーカス・リーディングの「速読技術(の基本)」にとどまらず、
│「成果主義、成長志向の読書」を創るための基本的な理念、
│読書と成長のデザイン作りの重要性を学んでいただきます。

│読書を通じて、もっと成長したい、
│プロとして「一流」と呼ばれる知性を手に入れたい、
│投資対効果の高い読書を実現したい、
│もっとたくさんの本を読みたい、
│もと深みのある、濃い読書をしたい、、、

│そうお考えの方、

│今の自分の読書に足りない要素はなんだろう?
│なぜ本を読んでいるのに、身につかないんだろう?

│そうお考えの方は、
│ぜひ、この入門講座を受講してみて下さい。

│>> https://seminar.office-srr.com/nyumon.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■自己満足を越え、学びを「成就」させるために必要なこと
───────────────────────────────
どんな学びもそうですが、
「学んだ」という状態は未完成状態です。
 
自動車の免許で言えば「仮免」状態。
 
運転技術も基本は出来ていますが、
大通りの流れに乗って車線を変更したり、
歩行者、二輪車に注意しつつ左折したり、
そんな「実践力」は、現場に出ないと磨かれません。
 
交通法規や救急救命の知識もそうですよね。
通り一遍のことは学んでいても、
それを現場の判断に活かそうとすると、
「あれ、どうだったっけ?」と不安になるもの。
 
 
講座や読書での学びというのは特にそう。
 
「一通り学んだ(読んだ)」というのは、記憶も未整理です。
 
喩えて言うなら、記憶の深い海の中に、
情報をポイポイと投げ込んだだけの状態です。
 
どんなに丁寧に読んだとしても、
「残った記憶」という意味では「概要を把握した」レベルです。
 
これをそのまま放置すると、すべてが底に沈み込んでしまい、
二度と取り出せなくなります。
 
ある程度の時間が経ったタイミングで、
記憶を引き出しつつ、整理してやることが必要です。
 
また、
 
「書いてあることが、ミクロもマクロもすべて分かる」
 
状態になるまで繰り返し復習する必要があります。
 
これを終えた段階が「分かったつもり(気分)」を越えて
「本当に分かった」と言える状態です。
 
読書でここまでできている人って、ほとんど見たことがありません。
 
あなたはどうでしょうか?
 
 
 
そこからさらに、「できる」状態につなぐ必要があります。
 
ハウツーの本なら、そこに書かれている結果が得られるように
行動できるってことです。
 
情報や考え方を手に入れる本なら、その視野、フレームを活かして
世の中を分析したり、思考したりできるってこと。
 
結局のところ、「実践してなんぼ」というお話です。
 
そこで、「リアルな手応え」や「期待と現実のギャップ」を
フィードバックとして受け止めて、自分の思考や行動を
チューニングしていくことになります。
 
それを乗り越えて思った通りにできるようになると、
ようやく「できる」にたどり着くわけです。
 
 
そこから先があります。
 
1つは、それを継続していくことで、
自分にとって当たり前の技術、当たり前の考え方にしてしまうこと。
 
実はこれが非常に難しいんです。
 
毎日、自分の思考・行動に活きているか、
定点観測をすることで、習慣化しなければなりません。
 
速読技術も、事後の2週間サポートで一応の完成を見た後、
3ヶ月ぐらいは毎日30分の読書を習慣にしてください、と
お伝えしています。
 
 
もう1つ。
 
ノウハウや技術、知識を手に入れることで何が得られるかというと、
 
「今まで、うまくいかなかったことが、
 スムーズにできるようになる」
 
ということなんですね。
 
決して、今までまったくできなかったことができるようになるとか、
仕事のレベルがワンランク上がるとか、
そんなことではありません。
 
でも、私たちは「成果」と同時に「成長」を期待して
読書を積み上げていっているはずです。
 
今より高いレベルのことに挑戦しようとした時、
それが仕事でも読書でも同じことですが、
今の技術や思考では歯が立たない事態に遭遇します。
 
速読講座のサポート期間でも、
 
「今まで読んだことのないジャンルの本」
「今まで敬遠してきた専門的な本」
「情報の密度が高く、思索が求められる本」
 
そんな本にチャレンジしてこそ、
「読書のステージが1段上がる」と言えます。
 
でも、せっかく苦労して手に入れた技術を使おうとすると、
まったく歯が立たず、
何か足下から崩れ落ちるような感覚に見舞われます。
 
そこで、それにどう対処するか?
 
それで、あなたが「今のままでいる」ことになるのか、
「1つ上のステージに上がる」のかが決まります。
 
今のままでいいや、というのも1つの選択肢です。
 
速読できる本だけ速読をして、時間に余裕を作って、
浮いた時間で、難解な本を攻略するわけです。
 
それも「あり」ですね。確かに。
 
 
でも、技術はすでに自分の中にあります。
 
今までできなかったことを成し遂げ、
読書を根本から変えた体験もしています。
 
だったら、その「変革のプロセス」を、
もう1度、新しいステージに挑戦するために
たどってみてはどうでしょう?
 
その時に重要なことは、
 
今までできていたことに執着しないこと。
 
いったん、「できていたこと」を手放し、
目の前の、新しいターゲットと、心静かに向かい合いましょう。
 
その上で、
 
「攻略法(読み重ね方、読書システム)」をどう変えるか?
 
下読み、本ちゃん読み、振り返りのステップをどう設定し、
それぞれで、どういう処理の仕方が可能か、
その処理をするために、今持っている技術を
どう活かしたらいいか、
そんなことを考えるわけです。
 
考えるというよりは、当たって砕けながら、
そこで得た「手応え」と「期待と現実のギャップ」を
フィードバックとして受け止めるのです。
 
行く先は暗く、手探り状態が続くかも知れません。
 
そこで「間違いなく手に入れるゴール」を見失わず、
試行錯誤を続けられるか、
まぁいいや、と断念してしまうか。
 
その選択が、まったく違う未来を生むことになります。
 
 
「学んだ気分」を乗り越えて「本当に分かった」状態へ。
 
「分かった」から「できる」へ。
 
「できる」から「習慣化している」+「高いステージに上がる」へ。
 
ぜひ、あなたの学びも、より高い成果と成長につながるものに
変えていってください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■読書にまつわる名言
───────────────────────────────
 
       「百聞は一見をしのぐと心得よ。」
    ── 勢古 浩爾著『自分をつくるための読書術』
 
 
「百聞は一見にしかず」は真実ですが、
 
目で見たことよりも、
 
良書を何度も読み重ね、
 
その世界を完全に自分のものにする方が
 
真実を確かに理解できるということも
 
往々にして起こります。
 
特に自分の世界を広げようとするなら。
 
 
「読書百遍」
 
良書を何度もかみしめる読書体験も
 
大事にしたいものです。
 
 
☆大勢古浩爾著『自分をつくるための読書術』

 
 
☆「読書」にまつわる言葉
 >> http://agora.withbooks.jp/aroundbooks.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
□フォーカス・リーディングの定番講座 ⇒【3日間集中講座】
───────────────────────────────
1.東京開催;3日間集中講座(2013年11月 2~ 4日【残席:3】)
2.東京開催;3日間集中講座(2014年 1月11~13日)
 
 >> https://www.focusreading.jp/seminar.html
 
長期でじっくりと取り組み、高い成果を手に入れたい…という方には
【自宅での自主トレサポート+集中講座】をお勧めします。
 
・読書の量が少なく、「ベースとなる読書力」から磨きたい方
・3日間の講座で、通常目指す以上の成果を手に入れたい方
 (特に専門書などヘビーな本を読む機会が多い方)
 
専門的な書籍、高密度な書類処理を目指す方のための
「5日間集中マンツーマン講座」の受講者も募集中です。
 
興味がある方はお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□3日間の休日を確保しづらい方へ ⇒【通信講座+1日集中講座】
───────────────────────────────
3日間連続の休みは確保しづらい…という方のために、
 
自宅でじっくりと取り組んだ上で、
 
直接指導を受けながら、みっちりと仕上げをおこなう
 
「自宅マスター講座 + 1日集中講座」
 
をご用意いたしました。
 
今月あるいは来月からスタートして、3ヶ月程度かけて、
 
じっくりと技術を磨き上げていき、
 
2月16日(日)で一気に「1冊10分の速読技術」を完成させる。
 
そんな「時間をかけられる安心感」と
 
「確かな指導を受け、凝縮したトレーニングで完成できる安心感」を
 
両方を満足させることができる講座です。
 
具体的には、、、
 
11(~12)月からソフトウェア+オンラインサポートで3ヶ月かけて、
じっくりと技術を磨いていきます。
 
その仕上げとして1日集中講座で、直接指導を受けながら
技術の矯正と仕上げをしていただきます。
 
もし、
 
「じっくり自宅でトレーニングをした上で、3日間講座で仕上げを」
 
とお考えの場合は「自宅マスター講座+3日間講座」も
お選びいただけます。(^^*
 
詳しくは >> https://www.focusreading.jp/home_training.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
■あなたの読書の価値を高める読書の方法を学んでみませんか?
───────────────────────────────
単に「速く読む技術」を身につけるのではなく、
 
読書の価値を高め、専門性と教養をどう育んでいくか。
 
それがフォーカス・リーディングの最重要テーマです。
 
フォーカス・リーディングについて、もっと詳しく知りたいと
お考えいただけるようでしたら、
 
□10万部のベストセラー『フォーカス・リーディング』文庫版
□TSUTAYAで人気を博した『DVD版フォーカス・リーディング』
 
をセットをどうぞ。どちらもアマゾンにて好評発売中です!
 
☆DVD
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CA16S94/officesrr-22/
 
☆文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569674860/officesrr-22/
 
※なお、10月5日に開催される入門講座は3,000円で、
 DVD+文庫が教材として付いています。d(^^*
 事前にこちらのDVDをご購入いただければ、当日は無料で
 ご参加いただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』
      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/bio.html
  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
  お問い合せ >> https://www.focusreading.jp/contact.html
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
●●

タイトルとURLをコピーしました