[ビジネス速読MM]2013.10.11号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol. 493
───────────────────────────────
2013年10月11日発行             [読者数: 6,312名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ワンクリックでメルマガを解除するリンクは最下部にございます。
───────────────────────────────
 
こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
台風が過ぎ去ってから夏が戻ってくる…
 
なんともイレギュラーな台風ですね。(^^;
 
福岡はようやく雲がとれ、晴れやかな秋空(夏空?)に。
 
 
さて、私、寺田はビジネス書の著者プロデュース、
ブランディングのお手伝いも仕事としておこなっています。
 
ある種のコンサルティングですね。
 
速読指導者がコンサルティング?
 
ちょっと不思議に思うかも知れません。
 
しかし、私の強みの1つに
 
「書籍を通じて幅の広い情報を手に入れられること」
 
があります。
 
自分自身の経営、ブランディングなどの経験をベースにしつつ、
 
書籍を通じて、様々な事例を学ぶことが可能。
 
 
とはいえ、「ビジネスの実戦経験」「マーケティングの実績」など、
 
実践面では、やや迫力不足です。
 
そういうわけで「体験に基づかない知識」が大半です。(^^;
 
 
ですので、あくまで私がお手伝いするのは、
 
プロデュースしようとする方を「言葉で表現する」部分。
 
なにしろ、価値を見せる、伝えるという場合、一番大切なことは、
 
価値を伝わるように「言葉」で適切に表現することです。
 
その「言葉で表現する」という部分を中心にお手伝いするわけです。
 
言葉の掘り起こし作業を一緒におこない、
 
それを名刺やホームページ、ブログなどに「表現」していきます。
 
 
速読講師とビジネスプロデュースのイメージが結びつきましたか?
 
 
 
そのお仕事の中でも「名刺・HP作り」は、
結構大切な部分なんですね。
 
ここで使う言葉次第で、お客さまの反応がまったく変わりますから!
 
そういうわけで、今日はちょっと変則的なのですが、
 
「名刺作り」に関わる「言葉」の問題を。
 
興味のある方、本文へどうぞ!d(^^*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※3ヶ月かけてじっくり自主トレ⇒1日集中講座で完成!
>> https://www.focusreading.jp/home_training.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■名刺というプレゼンツール
───────────────────────────────
私のようなフリーランスでお仕事をしていく人間にとって、
 
「自分の価値を、いかにしてプレゼンするか?」
 
ということは、非常に重要な問題です。
 
 
いや、フリーランスでなくても、ビジネスマンであっても、
 
仕事上、企画を提案したり、商品を営業したり…と
 
「伝えたい価値をプレゼンする」
 
ことは非常に重要なお仕事のはずです。
 
 
 
名刺を渡すことも、コンペでプレゼンすることも、
 
「価値を理解してもらい、自分とご縁を持っていただく」
 
という意味で、本質的に同じことなんですよね。(^^*
 
名刺をお渡しするというのは、
 
自分自身のプレゼンテーションであり、
 
自分のビジネスのマーケティング活動でもあるわけです。
 
最終的に、相手にどういうアクションを取ってもらいたいかを
具体的にイメージして、
 
そのゴールに向けて、出会い頭の一瞬からの一連の流れを
トップダウンで設計していく必要があります。
 
 
 
そこでは、名刺をお渡ししつつ短い会話をするところから始まり、
 
お別れした後にフォローするところまでをイメージして、
 
計算された流れ、「名刺を中心とした起承転結」が必要なんです。
 
 
 
それから、名刺それ自体がプレゼンですから、
プレゼンテーションの基本3要素である、
 
「エトス」、「パトス」、「ロゴス」を
 
明確に踏まえておく必要もあります。
 
ちなみに、このエトス、パトス、ロゴスという言葉は、
名著『7つの習慣』でも解説されていますので、
すでにご存知の方も多いと思います。
 
古代ギリシア哲学者、アリストテレスが、その著『弁論術』で語った
 
影響力を行使するプレゼンテーションの基本要素ですね。v(^^*
 
自分が何者で、どんな問題をどう解決できる専門家なのかを伝え、
(エトス:自分のイメージ、立ち位置)
 
相手の抱える問題について共感し、
その問題の解決について専門的な深い理解を有していることを示し、
(パトス:相手への共感)
 
実際にそれをどう解決するか、これまでどんな実績を上げてきたか、
論理的にすっきりと伝えます。
(ロゴス:論理性、分かりやすさ)
 
この「起承転結の流れ」と「エトス・パトス・ロゴス」を
上手に絡めていくと、
説得力のある、押しつけがましくないプレゼンが出来上がるんです。
 
 
 
この話、ちょっと長くなりますので、続きはブログにて。
 
すみません。(^^;
 
☆『マーケ志向の名刺を作るために考えるべきこと』
http://agora.withbooks.jp/self-promo/marketing-namecard.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■読書にまつわる名言
───────────────────────────────
 
   「手にした本はぼくのものだ。
    ぼくの本をどう読もうと、それはぼくの勝手だ。」
 
    ── 永江 朗著『不良のための読書術』
 
 
謙虚に読む。
 
でも、主体性を忘れずに読む。
 
一見、矛盾して見える読書の姿勢ですが、
 
この両者が共存していてこそ、の学び。
 
そういえば、7つの習慣でも
 
「理解してから理解される」
 
「主体性を発揮する」
 
という2つがありましたよね!
 
☆参考エントリー
>『やってる?7つの習慣的読書』
https://www.focusreading.jp/bizpower/7habits.html
 
☆永江 朗著『不良のための読書術』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480035648/officesrr-22/
 
 
☆「読書」にまつわる言葉
 >> http://agora.withbooks.jp/message.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
□フォーカス・リーディングの定番講座 ⇒【3日間集中講座】
───────────────────────────────
1.東京開催;3日間集中講座(2013年11月 2~ 4日)
2.東京開催;3日間集中講座(2014年 1月11~13日)
 
 >> https://www.focusreading.jp/seminar.html
 
長期でじっくりと取り組み、高い成果を手に入れたい…という方には
【自宅での自主トレサポート+集中講座】をお勧めします。
 
・読書の量が少なく、「ベースとなる読書力」から磨きたい方
・3日間の講座で、通常目指す以上の成果を手に入れたい方
 (特に専門書などヘビーな本を読む機会が多い方)
 
専門的な書籍、高密度な書類処理を目指す方のための
「5日間集中マンツーマン講座」の受講者も募集中です。
 
興味がある方はお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□3日間の休日を確保しづらい方へ ⇒【通信講座+1日集中講座】
───────────────────────────────
3日間連続の休みは確保しづらい…という方のために、
 
自宅でじっくりと取り組んだ上で、
 
直接指導を受けながら、みっちりと仕上げをおこなう
 
「自宅マスター講座 + 1日集中講座」
 
をご用意いたしました。
 
今月あるいは来月からスタートして、3ヶ月程度かけて、
 
じっくりと技術を磨き上げていき、
 
【 2月16日(日)】で一気に「1冊10分の速読技術」を完成させる。
 
そんな「時間をかけられる安心感」と
 
「確かな指導を受け、凝縮したトレーニングで完成できる安心感」を
 
両方を満足させることができる講座です。
 
具体的には、、、
 
11(~12)月からソフトウェア+オンラインサポートで3ヶ月かけて、
じっくりと技術を磨いていきます。
 
その仕上げとして1日集中講座で、直接指導を受けながら
技術の矯正と仕上げをしていただきます。
 
もし、
 
「じっくり自宅でトレーニングをした上で、3日間講座で仕上げを」
 
とお考えの場合は「自宅マスター講座+3日間講座」も
お選びいただけます。(^^*
 
詳しくは >> https://www.focusreading.jp/home_training.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
■あなたの読書の価値を高める読書の方法を学んでみませんか?
───────────────────────────────
単に「速く読む技術」を身につけるのではなく、
 
読書の価値を高め、専門性と教養をどう育んでいくか。
 
それがフォーカス・リーディングの最重要テーマです。
 
フォーカス・リーディングについて、もっと詳しく知りたいと
お考えいただけるようでしたら、
 
□10万部のベストセラー『フォーカス・リーディング』文庫版
□TSUTAYAで人気を博した『DVD版フォーカス・リーディング』
 
をセットをどうぞ。どちらもアマゾンにて好評発売中です!
 
☆DVD
http://www.amazon.co.jp/dp/B00CA16S94/officesrr-22/
 
☆文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569674860/officesrr-22/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』
      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/bio.html
  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
  お問い合せ >> https://www.focusreading.jp/contact.html
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
●●

タイトルとURLをコピーしました