[ビジネス速読MM]2014.05.14号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol. 523
───────────────────────────────
2014年 5月14日発行             [読者数: 6,439名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ワンクリックでメルマガを解除するリンクは最下部にございます。
───────────────────────────────
 
こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
WIREDという雑誌のWeb版に、
こんな記事が掲載されました。
 
》新たな「非識字者」が増えている:
》Facebookを読めても、現実は理解できない人たち
 
いわく、
 
》非識字者とは、自分の名前は書けるし、
》Facebookで近況をアップロードできるけれど、
》「社会の中で能動的に活動するため、
》自身の目的を達成するため、
》自身の知識や能力を発展させるために、
》文章を理解し、評価し、利用し、
》関与していく能力をもたない人」のことでもある。
 
とのこと。
 
結構、辛辣ですよね。
 
でも、長年、「読書&文章指導」にたずさわってきた身としては
この話は、とても重大な問題だと思っています。
 
 
あなたは、自分の「本を読む力」に自信がありますか?
 
 
ちなみに、本を読む目的には、大きく2つあります。
 
 
まず、すでにある情報を手に入れること。
 
そして、手に入れた情報を使う力、
あるいは情報を選別する力を付けること。
 
この2つは読書の両輪であって
切り離すことはできません。
 
 
ですが、この2つのうち、とりわけ後者は重要です。
 
なにしろ一朝一夕では手に入りません。
丁寧に、じっくりと育んで行かなければならないんです。
 
しかも、学校教育では、まったくといっていいほど
その方法を学んでいませんからね。
 
 
気になる方は本文へどうぞ…
 
p.s.
 
【東京】開催の高速学習講座ですが、1名キャンセルが出ました。
参加をご希望の方は、こちらからお申し込みを受け付けております!
https://seminar.office-srr.com/hyperlearning2.html
 
p.s.2
 
★沖縄★2日間集中講座、5/15でいったん申し込みを打ち切ります。
受講ご希望の方はお早めにどうぞ!
https://www.focusreading.jp/seminar.html
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆今日お届けする話題
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.アナロジー思考を育てよう

┃2.読書にまつわる名言:情報過多時代、どう対処?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
てなところで、今回もどうぞよろしくお願いします!(^^*♪
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
★速読術の効果的な活用法、マスターのための正しい取り組み方、
 そして、成果と成長につながる読書の方法を学んでみませんか?
 
 2014年 6月14日(土)13:00~15:00 at 東京国際フォーラム
 
募集数は限定12名です。残席【6】席となっています。
 
お申し込みはお早めにどうぞ。
 
 >> https://www.focusreading.jp/info/nyumon.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■アナロジー思考を育てよう!
───────────────────────────────
 
WIREDの記事は、さらにこう語ります。
 
》取り残されるのは、まさに、
》興味深い本を選ぶ能力、読書に没頭する能力、
》新聞を購入する選択、
》経済的・政治的提案をその(非常に大きな)総体において
》評価する能力のような、
》ひとりの人間を機能的非識字者ではなく
》能動的な市民にする能力だ。
 
 
私たちは学校教育で、
活字を表面的に理解し、
そこで学んだことを、テストの答案用紙に
書き並べられる程度に記憶に残すような姿勢(文化)を
身につけてきました。
 
そして、そのような学習が、
人生に何もプラスにならないことを、
私たちは体験的に、十分に理解しています。
 
なのに、社会人になっても、
表面的に分かっただけで
満足してしまっていないでしょうか?
 
 
そもそも「熟読の仕方」や「思考の深め方、広げ方」を
学んだことがあるでしょうか?
 
ただ時間をかけてじっくり読むだけでは
熟読にはなりません。
 
思考法を知らない熟読は、
休憩しているのと同じような価値しか
産んでいないかも知れません。
 
 
思考を広げ、自分の問題として置き代える力。
 
思考を深めて、問題の根本まで降りていく力。
 
思考を煮詰めて、より問題点が浮かび上がる比喩を持ち出す力。
 
こういった論理的思考や類推(アナロジー)思考は、
適当に済ませて(流して)しまっても、
別に問題が起こらない場合が多いため、
自分が本当にその力を持っているのかどうかすら
分からないことが多いものです。
(本当は問題が「未来に起こる」だけなんですよね…)
 
 
これらを鍛えるためには、
まずその原理と方法を書籍から学ぶことが必要です。
 
論理思考とアナロジー思考は完全に別物ですので、
(そもそも「アナロジー」とは「反ロジック」ですから!)
2冊の教科書を用意したいところです。
 
論理的思考の本は、これまでも散々紹介していますね。
 
☆高校生向けの論理思考トレーニングの超良書
>>https://www.focusreading.jp/osusume/communication/logicalthinkng.html
 
 
アナロジー思考の本は、こちらが非常にすっきりとまとまっていて
お勧めです。
 
☆「地頭力」で有名な細谷さんの「アナロジー思考」の本
>>https://www.focusreading.jp/info/GoToAmazon.php?id=Analogy
 
 
ただし、当たり前ですが本を読んで学んだだけで
実践できるほど簡単ではありません。
 
自分の思考を相対化できる「場」を作って、
自分の思考のモレや甘さ、浅さをチェックしなければなりません。
 
それが、ちょいと前に書いた「相対化しよう」という話。
 
 
福岡であれば、私の主催している読書会に参加して頂いても
同じレベルの読書を体験していただけるかと思います。
 
>>http://hakata.withbooks.jp/
 
関西であれば、「大阪ビジネス読書研究会」というグループが
「ディープリーディング」「スローリーディング」という
非常に濃い読書会をなさっています。
 
>>https://www.facebook.com/osakabijiken
 
関東の方は、機会があれば私の主催している
「ビジネス読書道場」に一度、参加してみてください。
(次回は6/14、課題図書は『自己プロデュース力』です。)
 
そういう「場」に飛び込んでいくことこそ、
非常に重要ですよ。
 
一度、方法論を学び、
自分の思考がどういうレベルで止まっているかを
クールに確認してみてください。
 
その上で、仲間の力を借りながら
考え抜く体験をすることで、
確実に思考のレベルが上がります。
 
 
ぜひ、日々「頭を働かせる心がけ」を積み上げていき、
本を表面的に読んで自己満足に浸る現状から抜け出し、
本当に自分を成長させ、
未来の自分を豊かにできる読書を手に入れましょう!
 
 
 
ちなみに、紹介したWIREDの記事はこちらです。
 
>>https://www.focusreading.jp/info/JumpTo.php?id=WiredLiteracy
 
ぜひ、「自分事」として読んでみてください。(^^*♪
 
 
[PR]─────────────────────────────
 
もし、速読と熟読をどう学び、どう実践したらいいか
知りたいとお考えであれば、まず一度、
「フォーカス・リーディング入門講座」にご参加ください。
 
「読書の変え方」と「速読の効果的な使い方」について
学んでいただけます。
 
3,000円の1日講座DVD付きで、受講料3,000円。
 
募集数は限定12名です。残席6席となっています。
 
お申し込みはお早めにどうぞ。
 
☆2014年 6月14日(土)13:00~15:00 at 東京国際フォーラム
>> https://www.focusreading.jp/info/nyumon.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[記事本文]━
■読書にまつわる名言
───────────────────────────────
 
  「私が読書から得た感動の一つは、
   言葉が、人を時間からも空間からも
   自由にしてくれるということであった。」
 
   ── 平野啓一郎著『作者として、読者として』
 
 
すでに亡き、数世代前の作者と語り合う喜び。
 
気ままに逍遙を楽しみながら、
 
時に対話し、時に問いかけ、自説をぶってみる。
 
自分の立つ場所を確認しつつ、
 
時空の渾然たる中を悠然と楽しむ。
 
これも読書の大いなる楽しみでしょうか。(^^*
 
※岩波文庫編集部編『読書という体験』より
 
 
☆平野啓一郎著『作者として、読者として』
>>http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003500202/officesrr-22/
 
 
☆本と読書に関する名言を集めてみました!
 >> http://agora.withbooks.jp/message.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
□フォーカス・リーディングの定番講座 ⇒【3日間集中講座】
───────────────────────────────
☆東京;3日間集中講座(2014年07月19~21日)
☆沖縄:2日間集中講座(2014年08月 2~ 3日+事前1ヶ月サポート)
☆名古屋:3日間集中講座(2014年7月19~21日)認定講師:石榑
 
 >> https://www.focusreading.jp/seminar.html
 
長期でじっくりと取り組み、高い成果を手に入れたい…という方には
3日間の講座と1日集中講座、フォローアップ講座
そしてオンラインサポートを組み合わせて2~6ヶ月で
取り組んでいただけるコースもご用意しています。
 
・3日間連続の休みが確保できない方
 
・読書の量が少なく、「ベースとなる読書力」から磨きたい方
 
・3日間の講座で、通常目指す以上の成果を手に入れたい方
 (特に専門書などヘビーな本を読む機会が多い方)
 
この3つのいずれかに当てはまる方は、気軽にご相談ください。
 
☆3日間分散・継続レッスン
https://www.focusreading.jp/info/3days-longterm.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
■あなたの読書の価値を高める「読書の方法」を学んでみませんか?
───────────────────────────────
あなたがもし、ご自身の読書にこんな課題を感じているなら、
ぜひ、その具体的な方法を学びにきてみてください。
 
・もっとたくさん読みたいのに時間がない。
・時間をかけて読んでいるのに記憶に残っていない。
・理解したつもりでも、人に語れない。
・ノウハウを学んでいるのに活かせていない。
 
どのような意識で読書に取り組んでいけば、
「仕事の成果」と「自分の成長」に結びつくのか?
 
そんな「投資としての読書の作り方」を、
 
なんと、たったの3,000円で学んでいただけます。
 
しかも、フォーカス・リーディングDVDプレゼント付き!
 
 
速読を学ぶ場でもフォーカス・リーディング集中講座の説明会でも
ありません。
 
「価値ある読書を実現し、成果と成長を手に入れるためには、
 どのような読書を実現しなければならないのか?」
 
を学んでください!
 
参加をご希望の方はこちらへ!
>>https://www.focusreading.jp/info/nyumon.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』
      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/bio.html
  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
  お問い合せ >> https://www.focusreading.jp/contact.html
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
●●

タイトルとURLをコピーしました