[ビジネス速読MM]2015.06.24号

こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。
 
先週、「読んだ本の内容を図にする」という話を書いたところ、
 
「図解すると、何がいいんですか?」
 
というご質問を何人かの方からいただきました。
 
この「図解化する能力」は、私の読書講座では、
かなり大事にしていることなんです。
 
それは○○力と××力がセットで手に入るから…
 
────────────────────────────[PR]─
★大学で開講中の「読書力養成講座」を受けてみませんか?
───────────────────────────────
読書のリターンの大きさを決める「読書力」。
 
その力を高めるための講座を、
現在、オンラインで開講中です。
 
 
もし、本の読み方を根本から変えて、
 
・本からの吸収力を高めたい。
・読んだ内容を整理できるようになりたい。
・知性あふれる社会人を目指したい。
 
と思っていらっしゃるなら、
ビジネス読書道場で、一緒に学んでみませんか?
 
現在、九州のNo.1私立大学、西南学院大学で
開講中の「読書力養成講座」を、
オンラインで取り組みやすい形にアレンジしています。
 
>>http://bit.ly/2015-Biz-Dojo
 
 
来月は島田紳助著『自己プロデュース力』をテキストに
ワークをしていきます。
 
>>http://bit.ly/Shinsuke-SelfProduce
──────────────────────────[↑PR↑]─
 
ぜひ、あなたが読んだ本の中で、
簡単な内容の、薄い本でいいので、
中身を「図解」してみてください。
 
目的は「より正確に、本の構造を理解するため」です。
 
単純に「もっとよく分かる」ために書くんです。
 
別に誰かに見せることを意図する必要はありません。
かといって、他人が見ても分からないような
自己満足の図ではいけませんが…。
 
 
昔、「読んだ内容を文章に書く」というワークを
受講者のみなさんにしていただいたことがあります。
 
これはこれでなかなか難儀するんですよ。
 
でも、難儀して書き上げた文章を読んでみると、
その人が本当に本の構造を理解しているかどうか、
いまひとつ判然としないんです。
 
分かっているような、、、分かっていないような、、、
 
ですが、図解となると完全に理解していないと描けません。
 
よく理解できていない部分を、
 
流れから分離して浮遊させてごまかしたり、、、
 
箇条書きにして、適当にまとめてみたり、、、
 
章・パラグラフどうしの関係も
曖昧に濁していたり、、、
 
 
そんな「ごまかし」が、くっきりと浮かび上がるんですね。
 
そもそも本のテーマ・論点と主張という
一番大切な要素が書かれていないなんてことも!
 
 
もちろん、読んだ内容をどう処理するかというのは、
それによって、どういう力(リターン)を手に入れたいか
という目的意識によって変わります。
 
人に「この本の特徴と価値」を伝えたいのであれば、
「他の本との違い」にフォーカスしたり、
「ストーリー展開のおもしろさ」にフォーカスしたり、
伝えたいポイントが一番伝わりやすいような描き方を
していいわけです。
 
その場合、必ずしも「全体像」が伝わる必要はありません。
 
「他との差」や「特徴」が伝わればよし、です。
 
 
今回のように「本の構造を正確に把握する」ことが目的なら、
全体の流れ、
論点についての主張の構造、
章・パラグラフどうしの関係、
といったものが見えてくるような
描き方を工夫する必要があります。
 
 
文章をじっくり読めば、
細部の理解は深まります。
 
しかし、残念ながらそれだと
全体の構造がつかめません。
 
構造にフォーカスして速読するのが第一歩ですが、
それだけだと、まだ構造が「ぼんやり」した状態に
とどまっています。
 
そこを一歩先に進めて、
明確な形として表現するのです。
 
 
この「全体の構造」を図解するために、
何度も読み直したり、
ミクロの(詳細な)理解と、
マクロの(全体の構成についての)理解とを
リンクさせたりといった作業は、
論理的な思考力や、俯瞰してものごとを見る力を
養うことにつながります。
 
ぜひ、思考力、ものごとを俯瞰する力、
全体の構造・総論と、細部の文章・各論を
リンクさせて考える力を養うために、
時々、本を図解してみましょう。
 
「では、どういう時に、どういう図を用いたら良いか?」
という「図の描き方のハウツー」については、
こちらの本を参考にしてください。
 
>>https://www.focusreading.jp/books/1671
 
 
もし、一人ではなかなか図を描く練習ってできないよねーと
お考えでしたら、ぜひビジネス読書道場に参加してみてください。
 
読書力アップの一環として、「図解」のワークに
取り組んでいただきますよ。d(^^*
 
>>http://bit.ly/2015-Biz-Dojo
 
なお、毎月20日~月末の期間にご登録くださった方には、
集中力、聴く力、精読力がアップする「高速音声教材」(約30本)を
プレゼント中!!
───────────────────────────────
★追伸★福岡・名古屋で読書力アップの秘訣を学べる入門講座開講!
───────────────────────────────
私たちが自分の「のびしろ」を大きくしたり、
仕事を快適にこなすためのスキルアップを目指す上で、
 
「時間をいかに効率よく使うか」ということと、
「知識・スキル(能力)をいかに高めるか」ということ
 
この2つが非常に重要になってきます。
 
速読技術というのは、実はこの「時間効率を上げる」ことと
「知識・スキルのレベルアップ」の2つを実現する技術なのです。
 
もし、あなたが自分の知識・情報量や読書力、集中力に
不安を感じていらっしゃるなら、
まずは
 
「読書のレベルを上げるために何をすべきか」
「速読技術は、そこにどう役に立つのか」
 
ということを学びにいらしてください。
 
☆ 7月 7日(火)愛知・名古屋  18:45~(講師:石榑)
☆ 7月25日(土)福岡・中洲川端 13:00~(講師:寺田)
 
 ※申し込みはこちらからどうぞ。
  >>https://www.office-srr.com/intro_class
 
 
東京や名古屋、福岡にはいけないから、
自宅で少しずつ動画(または音声)で学びたい、
そうお考えでしたら、
 
書籍代程度で学べるオンライン講座をどうぞ。
 
>>http://bit.ly/2015-Biz-Dojo
 
なお、毎月20日~月末の期間にご登録いただくと、
集中力、聴く力、精読力がアップする「高速音声教材」(約30本)を
プレゼントいたします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol.0573
───────────────────────────────
2015年 6月24日発行             [読者数: 6,659名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』

      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/profile

  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/
 
   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●

タイトルとURLをコピーしました