[ビジネス速読MM]新しいジャンルを学び、記憶に残すには?

こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。 
 
突然ですがご案内です。
 
8月5日(金)の午後から7日(日)までの2.5日間で、
 
フォーカス・リーディング史上初となる、
 
宮崎でのレッスンを企画しております。
 
 
強い依頼があって「条件付き」でお受けした次第なのですが、
 
■6月30日15:00までに合計5人以上■の申し込みがあったら
 
宮崎で開講します。
 
条件が整わなければ、予定通り福岡での開催となります。
(福岡の場合も13時スタートです。)
 
 
実は、過去13年ほどの集中講座史上、
宮崎県からの受講者は1500人中たったの数名…。
 
実現は微妙ですが、だからこそ!
 
宮崎、鹿児島、大分にお住まいの皆様。
 
近場で開催されるこのチャンスをお見逃しなく!
 
 
なお、参加をご希望の方はこのメルマガに直接
返信してください。
 
30日15時までにお申し込みまでお済ませくださった方には
現在25,800円で販売している高速学習動画教材を
プレゼントいたします!
 
☆その他の3日間集中講座の開講予定
 
7/16-18(東京)キャンセル待ち
7/16-18(名古屋)残席あり
9/17-19(東京)
10/8-10(名古屋)
11/18-20(大阪)
 
☆3日間集中講座の解説
>>https://www.focusreading.jp/3days-lesson/
 
☆フォーカス・リーディング流の速読の考え方
>>https://www.focusreading.jp/concept/
 
☆6/23(名古屋)、7/15(東京)入門講座
>>https://www.focusreading.jp/intro_class/
 
 
さて、2年ほど前に受講した方から相談がありました。
 
読んだ内容を記憶し、活かしていくために
何をすべきだろうかというご相談です。
 
こちらの方に対してお答えした内容を
多少アレンジしながら「読書改善のポイント」について
説明したいと思います。
 
なお文意が変わらない程度に、表現・改行に
手を加えています。
 

(前略)
 
お陰様で、仕事上の書類や学びのためのビジネス書を
快適にこなしています。
 
先日読んだマーケティング関連の本(190pくらい)は
下読みなしで本ちゃん読みをして、だいたい20分。
 
随分と速読も体に馴染んできて、
スピードは上がったと思うのですが、
やはりそこそこ丁寧に読もうと思うと、
1ページ5-6秒に落ち着いてしまいますね。
 
ただ、仕事が忙しくなってきていて、
読書のペースは落ちており、せいぜい週に2冊くらいです。
 
それでも必要と思う本は躊躇せずに読むことができております。
 
(中略)
 
さて、新しいジャンルにビジネスを展開していくために、
ある業界に特化した本を数冊読んでいるのですが、
中には、かなり業界特有の話もちりばめられており、
また2ページでテーマが簡潔するような本もあります。
 
こういう本を記憶に残して(整理して?)、
部下に説明したり、仕事で活かしていこうと思ったら、
どういう工夫をしたらいいのでしょうか。
 
(後略)

 
確かに、特定の業界に特化した専門的な本というのは、
特殊な言葉や概念がありますよね。
 
そして2ページ完結…これはなかなか記憶に残しづらい
パターンです。
脈絡なく細かな話が書き並べられているだけで、
ストーリーがないものは「いろいろ役立ちそうな情報があった」
ということ以上には「取り出せない」状態になるのです。

 
 
まず、何か新しいことを学ぶ上で重要なことは、
1冊ごとの内容を記憶しようと思わず、
同じテーマの本、数冊を読んだ上で、それらを総合して
内容を整理し記憶する、と考えることです。
 
理想としては1つのテーマについて10-20冊を
一気に読むことです。
 
あるジャンルについて知的側面で完璧を期すなら
200冊くらいを目標にしたいところです。
 
それはともかく、第一段階はそのジャンルの本をまとめて
一気に読むこと。
 
それによって、そのジャンルのことについて
ざっくりとした概要・概観を手に入れることができます。
 
そして、その後、何に活かしたいかという目的、
あるいは出力のイメージにしたがって、
ノートにラフに書き散らしていきましょう。
 
その時、前提知識として持っている知識があれば、
それをベースにしつつ、組み合わせて書いていきます。
 
別に「本に書いてあったことだけ」と考える必要はまったくなく、
あくまで「自分のこれまでに学んだ知識」に、
新たに仕入れたものを上乗せしていくということでOKです。

例えばこれまでマーケティングについて実践してきて、
「歯科医業界に特化したプランを!」
ということで、その世界の本を読んだのであれば、
まずは自分の持っていた知識をベースにしつつ、
歯科医業界の特殊事情を加味しながら、
全体像をざっくり書いていくといいですね。
 
ここで大切なことは、
実際の出力に見合った内容の整理を心がけるべきであって、
「この本の内容を整理する」ことにこだわらないこと。
 
新しい知識は、既存の知識と関連づけたり、対照させたりすることで
残りやすくなるものなのです。
 
 
「細かな個別具体的ノウハウ」も、それ自体、
「本の内容を記憶する」と考えると、残りづらく大変ですが、
ラフに書いた全体像の中に「注釈」「トピックス」的に
書き加えていくようにすると、残りやすくなります。(^^*
 
 
後は人に実際に説明したり、
文章化してブログ記事にしたりといった作業を通じて、
どんどん整理されて自分の知の体系に強く組入れられていきます。
 
ちゃんと整理できていなければ、
そういうリアルな出力の際にモゴモゴして
立ち止まらざるを得ません。
 
そして、そういうモゴモゴする部分は、
もう1度、本に戻って学び直し、
自分なりにすっきりと腑に落ちるような
整理と出力を工夫しなければなりません。
 
出力してみて初めて、
自分の中で整理が付いていない部分が
見えてくるものだし、説明していると、
「お、今、すごくいい説明ができた!」と
思えるものが出てくるものです。
 
その他、記憶に残していく上でのポンとは
「SRICE原則」として過去にご紹介したことがあります。
 
そちらも参考にしてみてください。
>>http://bit.ly/SRICEprinciples
 
ということで、新しいことを学ぶ時は…
 
1.とりあえず20冊以上の本をまとめて読んでしまう。
2.実際に使うシーンに応じた内容、形で出力しながら
 アタマの中の情報やフレームを整理していく。
3.1冊ごとの内容を整理しようと考えず、既存の知識を
 ベースにしながら整理していく。
 
という具合に取り組んでみてください!
 
では、また来週!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■名古屋・東京で入門講座開講
 
当日は速読の基本的な話から、
学習の基本原理などについて幅広く解説します。
 
基本的にこちらの内容を、
ポイントを整理しつつお伝えするような
イメージです。
http://bit.ly/srr_method
 
内容に興味をお持ちいただけたら、
ぜひ自己投資のスタートラインとして
ご参加ください。
 
☆開催予定
 
東 京:7月15日 19:00-
名古屋:6月23日 19:00-
 
☆入門講座解説&申し込み
>>https://www.focusreading.jp/intro_class/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol.616
───────────────────────────────
2016年 6月27日発行             [読者数: 6,991名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』

      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 http://www.kotonoba.jp/terada_profile/

  公式サイト >> http://www.kotonoba.jp/

   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●

コメント

タイトルとURLをコピーしました