[ビジネス速読MM]速読トレーニングの意味

こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。

今日は珍しく速読トレーニングのネタを。

速読がどういうメカニズムで可能になるのかは、
残念ながら「科学的」には解明できていません。

ただ、「科学的に間違い」とされている要素はあって、

・右脳で処理
・目を高速に動かして読む
・視野を広げる

こういったトレーニングは、ほぼ意味がありません。

#あくまで「本を読むのに」という意味です。
 スポーツ目的などであれば問題ありません。

科学的に云々ではありませんが、
「音声化しない」ということにも、
ほとんど意味がないということが
経験的に分かっています。

では、速読をマスターするためには、
どんな要素が必要なのか?

フォーカス・リーディングでは、
速読を次のようにとらえています。

速読力=(1.体の使い方)×(2.データベース)×(3.フォーカス)

3日間講座で20時間以上かけて磨き上げるのは
【1.体の使い方】と【3.フォーカス】の要素です。

【2.データベース】は、速読をマスターしてから
とにかく1-3日に1冊ペースで本を読んでいただき、
さらに3ヶ月くらいを目途に、読む本のレベルを上げていくことで、
高めていきます。

とりわけ【1.体の使い方】は重要です。

というか、速読の成否を決めるのが、まさにこれ。

具体的にいうと、

・一切りきみのない心と体の鎮まり。
・研ぎ澄まされた集中力
・自由自在にコントロールできる視点の流れ、視野の広がり。
・「読もう」「読みたい」という能動的意識を排除しつつ、
 十分に意味・理解を受け止められる意識の状態。

こんな要素です。

時々、誤解する人がいらっしゃるのですが、
スムーズ追跡トレーニングは「スピードアップ」が
目的ではありませんよ。

行頭から行末まで神経を通すこと、
視野の広がりを自在にコントロールすること、
活字をとらえる集中力を高めること、
負荷のかかる状況で鎮まりを維持すること…

そんな「体(目・意識)を使いこなす」トレーニングです。

フォーカス・リーディングでは「弛緩集中」という
独特の集中状態を目指すのですが、
その「弛緩」(リラックス)と「集中」のうち
「集中」を磨くパートです。

ページ見わたしトレーニングは、
「弛緩」を使いこなすトレーニング。

単なるリラックス=脱力ではなく、
心の静まり、禅で目指す心と体の状態を目指します。

ですので、姿勢と呼吸が非常に重要になってきます。

弛緩状態を作り視野を緩めつつも、
しっかりと活字に集中できる状態が理想型です。

視野って「広げる」ことには意味がありませんが、
「読むぞ!」という能動的意識を排除して、
視野の絞り込みを解除することは、すごく重要なんです。

速読の鍵はこれ!といってもいいくらい。

がんばって読もうとすると、
視野が必要以上に狭くなって、
理解とスピードとセットで悪化します。

これは誰しも経験があるのではないでしょうか?

それを

「情報を最適な状態で処理できるようにチューニングする」

のが、このページ見渡しトレーニングなんです。

だいたい、その「最適な状態で処理」するペースが、
多くの場合「1ページ9秒」なんですね。

別に「脳の処理スピードの加速」とか必要じゃないんです。

このページ見渡しトレーニングで、
快適に活字を処理する感覚させつかめればOK。

あれ? じゃ、スムーズ追跡は何のためにやるの?

そう思うかも知れません。

スムーズ追跡で作る集中状態、体のコントロール力は
なぜ必要かというと、

・最適な意識の状態で読み続けられるようにする

・どんどん流れ込んでくる情報を、集中力高く、
 でも過剰なストレスを背負うことなく受け止められるようにする

そんな目的があるんです。

それと私たちの目というのは、自然体だと
情報が入ってくるのを邪魔するようになっているんです。

ある意味で「ロックがかかった状態」なんですね。

そのロックを解除するのがスムーズ追跡。

なので、今、オンライン速読講座で速読を学んでいて、

「なんかスピードは上がったけど、
 単に雑に読み飛ばしてるよな」

って感じているなら、
スムーズ追跡、ページ見わたしそれぞれの
意味を再確認してください。

目を速く動かすことにも、
視野を広げることにも、全然意味がありません。

というか、それは多くの場合、
速読を修得する上で「障害」になりますよ。

こういう感覚ってのは、分かったつもりでも、
実際には微妙に違っていた…ということも多いものです。

本当に実用的な速読技術、高度な速読技術が
必要であれば、ぜひ3日間講座で学んでくださいね。

よほど読書が苦手で、本をほとんど読んでない!
ということがないかぎりは、
あなたが普段読んでいるレベルの本であれば、
20分あれば、ざっくり理解でき、整理して記憶でき、
30-40分あれば、十分に丁寧な読み方ができる、
そんな速読技術が手に入ります。

何かが劇的に変わるような魔法のような力ではありませんが、
確実に読書が快適で、質の高いものになり、
読書が楽しく、快適になりますよ。(^^*♪

直近だと、
9/17-19(東京、残席:6)
9/27-29(福岡、残席:4)
10/8-10(名古屋)
に開講します。

詳しい解説はこちらです。
>>https://www.focusreading.jp/lessons/2946

その前に「もう少し、速読を学ぶメリットを学びたい」と
お感じでしたら、入門講座にお越しください。

東京、名古屋で2時間の講座を開講中です。(^^*

東 京:9月16日 19:00-
名古屋:9月 8日 19:00-
名古屋:9月11日 9:30-

☆講座解説&申し込み
>>https://www.focusreading.jp/intro_class/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol.623
───────────────────────────────
2016年 8月26日発行             [読者数: 6,968名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』

      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣
      〔 http://www.kotonoba.jp/terada_profile/

  公式サイト >> http://www.kotonoba.jp/

   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイトルとURLをコピーしました