2014年01月3日間集中講座レポート(個別3)

Tさん(女性・52歳)

  • 読書習慣:年30~40冊程度、本はまぁまぁ好き
  • 読む本のジャンル:自己啓発系、小説、思想関連
  • 最終到達スピード
    ・概要把握:1冊10分、想起レベル(人に語れるか?)◎
     ※読みやすい新書、ビジネス書を使用
    ・丁寧な読書:5,500文字/分(理解度70%程度) 下記画像参照(「最終日のスピード」の記述が間違っています)


 

2週間サポートを終えた段階での感想(最終レポート)

2週間 本当にありがとうございました。
読書のスピードを上げる技術だけではなく、何のための読書なのか
この先の自分自身の学びのデザインを考えるきっかけを与えてもらったと感じています。
未知の世界を知ることが純粋に楽しい の1歩先に何を目指すかを
これからも意識して考えて行きたいと思いました。
 
○読んだ本と成果(ページ数・時間・理解度)
・『マイクレド』 浜口隆則&村尾隆介著  P235
T: 下読み3分+1冊20分
P: 自分ルールを作る
O: 読みやすい本なのでスピード重視 視線の広がりの意識から離れないようにする
 
○読んだページ数:
下読みD[30%]1冊(8分)
本読みB[70%]1冊(21分)
振り返りB[80%]1冊(5分)
 
その後のワーク 30分 (実際にマイクレドを作ってみました)
 
○この2週間の手応え、感想
まず、何といっても本を読む際の力みが取れて楽になった事が大きな収穫でした。
ふわりとページ全体を見渡す感覚がわかりかけてきました。
疲れないので、集中力もアップしたように思います。
そして、ざっと概略を掴んでからのメリハリを利かせた読み方
少しずつ形になってきました。
ある程度大胆に切り捨てる部分があったとしても 概要がつかめていれば
それなりに理解が出来るものだと割り切ることが多少できてきました。
とにかく、本を前にして、”戦略を立ててから読む” と心がけて
これからも色々な方法を試してみます。
 
○今後の自分の課題、テーマ
読み込み過ぎをいかに防いで、俯瞰した視点を意識できるかが 私にとっての課題と思いますので簡単な本でのスピード優先の練習はつづけて、自身のスピードと理解度の限界に挑戦したいと思います。
  
一方で、週末に 「モリー先生との火曜日 」 を読みました。 
前に寺田先生の紹介文を読んで(どこに書いてあったかわからなくなりましたが)
いつか読もうと思っていたものです (素晴らしい本でした!)
久しぶりにスピードは気にせず、言葉ひとつひとつをかみしめながら
じっくりと味わって読んだつもりですが、以前よりずっと早く読み終わったと思います。
視線の広がりが 意識しなくても自然にできていたことと 
毎日の速読モードのお陰で目の動きが格段に速くなったこと、そして嬉しいことに集中力も少し上がったと気が付きました
この速読モードをもっと磨きあげて行けば、小説もかなり時間短縮できそうな気がしています。
色々なジャンルの本を気楽に楽しんでいきたいと思います。
 
○これから3ヶ月、1年の野望
とにかく、読書がとても気楽になったので、毎日の読書習慣を身につけたいと思います。
1日最低でも30分は活字に向き合う事と3カ月間はいくつかテーマを決めて簡単な読書ノートを付けて、1カ月ごとに 成果を見直してみます。
3カ月後には 200Pを20分 1年後には小説や古典も1日に1冊を軽々読めるようになっていたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました