情報処理力を鍛えるために○○を読む?

集中講座レポート
Enjoying time at home. Woman relaxing comfortable modern chair near window reading paper book. Natural light. Cozy home.Enjoy moment. Bright sunny day. Knowledge and learning concept. Bookworm student

こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。 
 
最初にご案内です。 

東京の8月スタート3ヶ月講座と、
9月の3日間集中講座に、
キャンセルが出ましたので、
それぞれ1名ずつ募集します。
 
ご希望の方は、このメルマガへの返信でお知らせください!
 
※次回の東京3日間講座は2018年9月を
 予定しています。秋からは半年かけて、
 速読技術+情報処理技術の両面で磨いていく
 講座を新たに開講いたします。

 
 
さて、お盆休みも終わり、
いよいよ2017年後半戦が本格的に
動き出すという方も多いことと思います。
 
私も、お盆前に死にものぐるいで
大学院のレポートを3つ終わらせ、
少しだけ心に余裕のある日々を過ごしています。
 
といっても、ほぼ1日1本ペースで、
英語の教育論文を読んでいく必要があり、
なかなか気を抜く暇はありません。
 
読んでいる論文のほとんどが
読書と速読にまつわるものなのですが、
世界がとんでもなく広がります。
 
 
以前、知り合いの経営コンサルタントさんに
 
「書籍で得られる情報は薄いから、
 論文を積極的に読んだ方がいいですよ。」
 
と勧められたことがあったのですが、
やっとその意味が分かりました。(^_^;
 
 
ビジネス系の書籍では、
最近はもっぱらダイレクト出版の
濃い本ばかり読んでいます。
 
ご存知の方も多いと思いますが、
日本の本というのは、
「売れそうかどうか」が出版の基準です。
 
その内容が真実かどうかとか、
学術的に確かかとか、
どれだけ深く研究されたものかとか、
そういう事情は無視。
 
だから、お金を稼げていない人が
お金の稼ぎ方の本を出版したり、
速読できない人が速読の本を出したり、
経営者としてまったく成功していない人が
経営の本を出したりしてしまいます。
 
読書の本とか、
ただ「本をたくさん読んで来た」
というだけでノウハウを語っていたり、
ぜんぜん研究者でもないのに、
それっぽい肩書きで、
どうでもいい薄っぺらな話を
書いていたり…
 
そして、「売れるかどうか」の基準として、
「読みやすいかどうか」も大事にされます。
だから、文字数は少なく、表現は平易に…
という本の作り方を重視します。
 
 
最近は翻訳書もすごく売れていますが、
あちらの本って、すごくボリュームが
ありますよね?
 
データも豊富だし、学術的だし。
 
あちらは、権威のある、認められた著者しか
本を出せないんですね。
 
さらに、ビジネス書1冊を作るのに、
すごい量の研究データを積み上げるんです。
 
日本のビジネス書のように、
それっぽい人を見つけてきて、
インタビューして、ゴーストライターが
さくっと短期間で書き上げる本とは
ワケが違います。
 
それでも、そういう本が売れるのは、
エグゼクティブと呼ばれる人が、
速読技術・読書技術を使いこなせるから。
 
情報処理力とか吸収力とか、
高校時代、大学時代通じて培われた読書スキルの
レベルが、私たち日本人とは段違いなんです。
 
大学でも、年間100冊を悠に超える専門書を
読まされますし。
 
 
もし、あなたが
 
「本は読んでいるけど、
 読みやすいビジネスノウハウ書とか
 自己啓発書が中心かな…」
 
という状態なら、あと一歩です。(^^)
 
少しずつ、自分の興味の持てるテーマの
翻訳書を手にとってみてください。
 
一気に読もうとするとストレスがかかりますから、
少しずつ、でいいんです。
 
でも着実に。
 
少しずつ「難しい活字を拒否」という意味での
「大人の活字離れ」を解消していきましょう。
 
このあたり、
過去にブログでも書いたことがありますので、
よかったら読んでみてください。

そして、濃い本、難しい本を
軽やかに読みこなせる力を手に入れましょうね。
 
知的専門職として活躍なさっているなら、
学術論文に手を出してみるのも、
とてもいいことだと思いますよ!
 
それが情報過多の時代に、
煽られない、騙されない力、
そして、情報を的確かつスピーディーに
使いこなす力を育む
唯一の方法ですから!
 
 
追伸
 
今、東京のコピーライティング講座の
教材づくりや、
指導法、予習・復習の仕組みづくりに、
アドバイザーとして関わっています。
 
私が受けた時、すでに非常に素晴らしい講座でしたが、
さらに受講者の成長のスピードを加速できるよう、
支援しています。
 
コピーライティングは、仕事の成果に直結しますからね。(^^)
もし、あなたがビジネスをなさっているなら、
ぜひタイミングが合えば受講してみてください。
 
受講料はそれなりにかかりますが、
約半年の講座の間に余裕で元以上に
取り戻せますよ。d(^^*
 
同期の仲間で、最高売り上げが20倍を超えたという人も
いましたし、年商が1000万以上伸びたという方も。
(特に通販、ネットビジネスの人の伸びが著しい…)
 
純粋にライター志望で参加している人も、
ほとんどの方が受講期間内に仕事を取れていますし、
2-3割の方は、受講料の倍以上の報酬を手にしています。
 
10月以降の講座も、日曜日限定ですが、
私もアドバイザーとして関わることになっています。
 
正式に募集がスタートしたら、
あらためてご案内しますね!(^^)!

 
追伸2
 
東京での3日間講座は8月からの3ヶ月講座、
9月の集中講座で終了します。
 
それに替えて、さらに「速読+情報処理技術」を
両面で高いレベルを目指していただける
半年(最大1年)講座としてリニューアルします。
 
詳細情報が確定したら、またご案内いたします。
 
読書が苦手だったけど、ちゃんと読めるようになりたい!
専門領域の学習をするために、読書を変えたい!
時間がない中でも、学びを積み上げたい!
 
そうお考えなら、ぜひ3日間講座にお越しください。
速読技術に加えて、大学の読書講座で指導していた
読書技法をセットで学んでいただけます。
 
・福岡開催 11月3-5日(祝土日)
 
https://www.focusreading.jp/3days_lesson
 
※福岡では平日のオーダーメイド日程も可能です。
 お気軽にお問い合わせください。

早い段階で、速読技術と学び方のノウハウを手に入れられると、
その後の「学びそのもの」が激変しますので、
結果として、ビジネスや人生がどんどん変わっていきますよ。v(^^*
 
https://www.focusreading.jp/3days_lesson
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol.662
───────────────────────────────
2017年08月17日発行             [読者数: 6,973名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』

      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/terada_profile/

  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/

   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●

タイトルとURLをコピーしました