本当に「読む力」を高めるためには?

集中講座レポート
d4bc2855-d974-4a61-a5c6-ecc8a8aaacff

こんにちは。フォーカス・リーディングの寺田です。 

最初にご案内!

来週の火曜日に、来年の東京開催講座の正式な
ご案内をいたします。
 
来年は私が東京になかなか行けないため、
(毎月1, 2回は行くのですが、連泊が難しいので…)
認定講師に、講座の一部を担当してもらいます。
 
講師は名古屋で3日間集中講座を担当していた
いわゆる「ベテラン講師」です。
 
その講師に、2日間の講座をしてもらい、
前後のオンラインサポートと、最終日の講座を
私が担当します。
 
これまでの3日間講座とは
受講のシステムがまったく変わりますので、
受講料も変わります。
 
とりあえず、日程は「1/27-28(土日)+3/25(日)」。
(最終日の1日講座は後日の講座に振り替え可能。)
 
東京での集中講座受講をご検討でしたら、
この日程をとりあえず押さえておいて、
来週の火曜日の情報をお待ちください。
 
それから、大阪開催の2018. 2/2, 3, 4(金土日)の
3日間集中講座ですが、あと2人で募集を締め切ります。
ご希望でしたら、お早めにお申し込みください。

速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
 
速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
https://www.focusreading.jp/3days_lesson
九州大学大学院・教育学博士課程研究(読書教育)

本論:知性を高めるために必要なこと

さて、今、中高生の期末考査対策の真っ最中でして、
数名の子ども達の学習を、毎晩見守っています。
 
うちの教室は基本的に「勉強を教えない」ので、
静かに見守る時間が長いんですね。
 
「答えと解説を読んでも分からない」という時に限り、
丁寧な解説をします。
 
ですが、それも最小限。
 
 
ただ、何でもない文章を、
まったく理解出来ない子もいます。
 
本をまったく読んでいないわけではないんですよ。
 
でも、抽象的な言い回しが分からない。
 
これは、経験を積んで社会に出て行くころには、
相当程度まで解消されるものでもありますが、
誰しも、ある程度はそれが残ります。
 
書いてあることの意図が伝わっていない。
 
自分の解釈と、言った本人の意図がかみ合っていない。
 
これは、いろいろな場面で「間違い(ミス)」に
つながりかねないことですし、
人間関係に、誤解から来るヒビを入れる可能性があります。
 
だから、やっぱり何とかした方がいい。
 
 
では、どうしたらいいのか?
 
これ、実は「量をこなす」ことでは解消されないんです。
 
「分からない」ことを自覚して、
丁寧に、何度も読み直すしかありません。
 
自分の知性を越えた難しい本を、ね。
 
細かな部分でもそう。
全体の流れについてもそう。
 
完全に「分かった!」と思えるまで、
何度でも読み返すんです。
 
 
問題は、そういう「分からない」部分が
たくさんあるような本を、
誰も手に取りたがらない、ということ。(^^;
 
勘違いが起こっても仕方がない、
コミュニケーションですれ違いがあっても仕方がない、
情報を読み取れず、ミスが起こっても仕方がない…
 
そう思えれば解消する必要もありません。
 
 
先日、ある方がこんなことをおっしゃっていたんです。

某経営者氏
ビジネス書はよく読むのですが、寺田さんが勧めてくれた、ビジネス選書ってやつ、言葉が妙に難しくて、結局、積ん読になってますよ。

 
うーん。(-_- )
 
ビジネス選書ってのは、ダイレクト出版から、
毎月、自動的に本が届けられるシステムです。

  • 自分で選ばないから、自動的にジャンルが広がる。
  • アメリカでヒットした本の翻訳だから、濃い上にちょっと読みづらい。(必ずしも読みやすいように翻訳されていない。)

 
この2つ、実は「頭を良くする」上では
大きなメリットでしかありません。
 
上のセリフの方は、結局の所
「読みやすいビジネス書」を読んでいただけなんです。
 
それで、その人のビジネス力は上がるのか?
 
いえ、上がりませんよ。はい。
 
「自分に負荷をかけるべく読む」ために
紹介しているんですね。
 
読みにくいからこそ、一読不明瞭だからこそ、
何度も読む。読み返して、自分のものにする。
 
そういうスタンスが必要です。
 
 
その時、
 

難しい表現、一読してピンと来ない文を、ちゃんと分かるように読み返しているか?

 

全体の構造、書籍のテーマ・論点、主張が読み取れるように俯瞰的に読み、人に語れるレベルまで整理できているか?

 
そういうことを考えて欲しいんです。
 
 
最初に紹介した中学生の話も同じです。
 
「分からない」からといって解説してしまうと、
その子はずーっと「分かる力」が身につきません。
 
だから、「教科書のここを読んでご覧」
「この3行の内容を図で表してご覧」という具合に、
自分の力で読み解けるよう促します。
 
 
あなたはどうですか?
 
そういう作業、やって来ましたか?
 
今までやっていなかったのであれば、
これからやってみませんか?
 
 
来年の1月20日(土)18時から
フォローアップ講座&ビジネス読書道場を
東京でおこないます。
 
トータル3時間の速読&熟読の勉強会です。
 
オンラインのビジネス読書道場と共通の課題図書ですが、
1月は、流行に乗って『君たちはどう生きるか』。
 
☆紹介ブログ記事『僕らはなぜ学ぶのだろう?』

速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
https://www.focusreading.jp/yomoyama/6455
九州大学大学院・教育学博士課程研究(読書教育)

最近、漫画版も出て大ヒット中ですが、
これを漫画で読んでしまうと、価値が半減します。
 
著者の想いの詰まった言葉を噛みしめ、
何度も何度もかみ砕いて、自分のものにして欲しいのです。
 
そういう体験が、あなたの「語彙」を作ります。
 
そして、思考回路を強くするのです。
 
まさに「血肉(けつにく)になる」ですね。(^^)
 
(なので課題図書は岩波文庫版です。)
 
 
あなたが読んだ本が、
本当にあなたの血肉になっているかを
確かめたかったら、
 
この3ヶ月に読んだ本のタイトルを、
まず書き出してみてください。
 
その上で、その本の内容がどのようなものだったか、
簡単に(2,3行でOK)概要・ポイントを書いてみましょう。
 
それが書けないようなら、血肉になってない可能性があります。
 
「量をこなしているけど、成長できていない。
 言葉も豊かになっていない。」
 
という残念な事態があるとしたら、
それはもったいない。
 
あなたの努力を、ちゃんと目指すゴールに向かうような
正しい方法を手に入れましょう。
 
 
東京在住の方。
 
よろしければ、1/20のリアル版読書道場にご参加ください。
(読書道場会員限定ですが。)
 
福岡の方。
 
博多非凡塾の読書会にご参加ください。
(募集開始は12月下旬から)

 
来年は毎月1回、このリアル版ビジネス読書道場をおこないます。
 
1月は『君たちはどう生きるか』。君たちはどう生きるか

 
2月は『日本人の論理構造』日本人の論理構造

ビジネス系の頭を育てたい方は、
ビジネス選書をどうぞ。
 
私も積ん読しないように、
必死で(論文の合間に)読んでいます。(^^)

洋書の目利きが膨大な名著の中から選りすぐり、自社で翻訳して出版された書籍を毎月自動的に届けてくれるサービス

p.s.

1冊10分の速読技術を3日間でマスターできる講座は
基本的に福岡限定で受講していただけます。

  • 2018. 1/6, 7, 8(3連休)【福岡】
  • 2018. 1/29, 30, 31(月火水)【福岡】
  • 2018. 2/2, 3, 4(金土日)【大阪】※あと2人で〆切

 
もっと自由自在に本を読みたい、
時間のない中でも、読むべき本を確実に
読みこなしていきたいと思う方はぜひどうぞ。

速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
 
速読・読書ストラテジー研究 - フォーカス・リーディング
https://www.focusreading.jp/3days_lesson
九州大学大学院・教育学博士課程研究(読書教育)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■The End of Document!■          文責:寺田 昌嗣■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 読書を変えて、成長を加速しよう!
◇◆ ビジネス速読術・フォーカス・リーディング講座  Vol.677
───────────────────────────────
2017年11月09日発行             [読者数: 6,899名]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1冊10分、効果10倍のビジネス速読術『フォーカス・リーディング』

      ナビゲーター     寺 田  昌 嗣      
      〔 https://www.focusreading.jp/terada_profile/

  公式サイト >> https://www.focusreading.jp/

   Developing your potential by J-Education co.,ltd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●

タイトルとURLをコピーしました