フォーカス・リーディング集中講座OnDemand vol.01

あなたはログインしていません…
  • すでに会員登録している方はログインページへどうぞ。
    https://www.focusreading.jp/member-page/
  • 読書道場・オンデマンド講座・3日間講座サポートご利用中の方は、こちらから会員登録手続きをどうぞ(無料です)。
  • このページを含めすべてのコンテンツを1週間無料でお試しいただけます。体験利用をご希望の方は、こちらのページから無料メール&動画講座にご登録ください。
    無料メール&動画講座

□フォーカス・リーディング3(or 4日)間集中講座の初日のトレーニングのうち、もっとも重要かつ基本となるトレーニングをご用意しています。
ちなみに、大学の授業(1セメスター完結)で授業をおこなう場合、このページで紹介しているトレーニングをオンデマンドで自主トレしてもらい、スキミング演習を対面もしくはzoomでおこないます。
□大学生を対象とした3日間講座(2019年度に実施)の成果については日本読書学会への投稿論文としてまとめ、過日、査読をパスいたしました。論文は2022年秋発刊予定の「読書科学」に掲載される予定です。

目次

基本理論

フォーカス・リーディングの原理

イメージトレーニング

このトレーニングは、3日間講座では2日目の朝一番におこないます。
しかし、鎮まりを深めるトレーニングとして非常に重要ですので、オンデマンド講座では冒頭に持って来ています。
1週間に一度はこのトレーニングに取り組むようにしてみてください。速読モードが作りやすくなるはずです。

基本3種トレーニング

フォーカス・リーディングを使いこなすための「鎮まり(弛緩集中状態・速読モード)」作りと「観の目付の視野」を実現する練習と、「視野のイメージに導かれた滑らかな移動」のコントロールの練習としておこないます。

ここで使用する教材
  1. トレーニングフォーム(一点集中イメージ+イメージ視点コントロール)
2018年開催・研究講座より
到達チェック
  1. 俯瞰の視野を保った状態で一点を観ること、その「視点」をイメージに導かれる形で移動させることが体験できた。
  2. 姿勢と呼吸を整えることで、心身の「鎮まり」を体感できた。
理論的裏付け
  • 瞑想には認知機能や集中力を高める効果があるとされています。
    Slagter, H. A., Lutz, A., Greischar, L. L., Francis, A. D., Nieuwenhuis, S., Davis, J. M., & Davidson, R. J. (2007). Mental training affects distribution of limited brain resources. PLoS biology, 5(6), e138.
  • 瞑想によって連続的・瞬間的に入力される情報への処理にムラがなくなるとされています。
    Slagter, H. A., Lutz, A., Greischar, L. L., Nieuwenhuis, S., & Davidson, R. J. (2009). Theta phase synchrony and conscious target perception: impact of intensive mental training. Journal of cognitive neuroscience, 21(8), 1536-1549.

入力レベルコントロール

  • フォーカス・リーディングの中でも「速読技術」を実現するために非常に重要なトレーニングのパートです。
  • ①ページスキャントレーニング(視覚のチューニング練習+入力レベルコントロールトレーニング)
    ②内声化抑制トレーニング
    …という2種類のトレーニングからなっています。

ページスキャントレーニング(新書を使って)

新書に限らず文字の密度が高めの本を使っておこないます。読むためのトレーニングではなく、視野の広がりをコントロールする練習の第一歩としておこないます。

ここで使用する教材
  1. 文字の密度が高めの新書(ビジネス書などでも代用可能)
    例:岩波新書

到達チェック
  1. ペースが速くなってもリラックスして文字(ページ)を眺めることができた。
  2. ペースがゆっくりになった時でも、視野が狭くならず、広い視野を保ちながら右から左へのスキャンをおこなえた。
  3. 書籍を逆さまにした時に文字がすっきりと見渡せる実感が得られた。
  4. 書籍を元に戻した時にも、③で得られた視野に近い状態で文字を見る感覚がつかめた。
理論的裏付け
  • 観の目付の見方は情報への反応速度が上がるとされています。
    石垣尚男. (2015)スポーツ選手なら知っておきたい「眼」のこと, 大修館書店
  • 書籍をスキャンする見方によって書籍を読むスピードが高まること、そのトレーニングとして1行ずつスキャンするスピードを徐々に上げていく方法が効果的であるとされています。
    Braam, L. S., & Berger, A. (1968). Effectiveness of four methods of increasing reading rate, comprehension, and flexibility. Journal of Reading11(5), 346-352.

ページスキャントレーニング(文字が少なめの本を使用)

先ほどの視野のコントロール練習のものと違い、俯瞰する視野で文字を受け止め、どう意味を受け取っていくかというトレーニングです。次の「内声化抑制トレーニング」と交互にやると効果的です。
ペースが上がったり下がったりしますので、俯瞰の視野のまま文字を受け止め、どのくらいの濃さで意味が伝わってくるかモニタリングし続けてください。(目標は動画の下にある通りです。)

ここで使用する教材
  1. 文字の密度が低めの自己啓発書(文字数がそこそこでも、既読の本であれば大丈夫)
    例:中谷彰宏氏や千田琢哉氏の書籍

到達チェック(文字が少なめの本や既読書籍でOK)
  1. 使用した書籍で【感じるレベル】「意味は伝わらないが、探したい言葉を探せる、あるいは読むべきか、流していいかなどをある程度判断できる状態」を体感できた。;目標0.5-2秒/ページ
  2. 使用した書籍で【分かるレベル】「書かれている内容を、ある程度(大意や粗筋レベルで)つかみながら読み流していける状態」を体感できた。;目標3-5秒/ページ
  3. 使用した書籍で【読めるレベル】「視野を狭めず、俯瞰の視野を保ちながら、いつもの読書に近いレベルで意味が伝わってくる状態」を体感できた。(記憶には残っていなくて問題ない);目標6-9秒/ページ
理論的裏付け
  • 1行の文字数が30文字前後以下のものが読速度が向上しやすく、行末が文節の途中で分断されないことで認知処理がスムーズにおこなわれるとされています。
    小林潤平. (2020). レイアウトデザインによる効率的な読みの支援. 日本画像学会誌59(2), 219-227.

入力レベルコントロールのゴール

入力レベルコントロールトレーニングは「自分が読みたいと思う本(初見・未読)を使って、以下の基準をクリア」できたら終了となります。

  • 見開き3秒程度で【感じる】レベル;一度読んだ本であれば、内容のざっくりとした確認ができる。初見の本であっても、探したいトピックをパラパラめくりながら探し出せる。
  • 1ページ3-5秒程度で【分かる】レベル;一度読んだ本であれば、およその内容を再確認しながら追っていける。初見の本であっても、ざっくりとした流れをつかめる。
  • 1ページ6-9秒程度で【読める(読む)】レベル;初見の本でやや平易なものは、6-8秒程度で十分に理解できる。少し文字の密度が上がったり、内容が濃くなったりした場合は、9-12秒で落ち着いて読み進められる。

内声化抑制トレーニング

  • 内声化抑制トレーニングはページスキャントレーニング(入力レベルコントロール)と交互にやると効果的です。
  • 動画を2本並べていますが、連続で2回やる必要はありません。入力レベルコントロール(ページスキャン)トレーニングと交互におこなうのが理想的です。
ここで使用する教材
  1. 文字の密度が低めの自己啓発書やノウハウ書(ただし、中谷彰宏氏の書籍のように数ページ単位で小さなトピックとして完結せず、1冊を通した流れ(筋)のある本が理想)。
    例:フォレスト出版の書籍、DaiGo氏の書籍など

初めてやる場合はこちらをどうぞ。
内声化抑制トレーニング その2
到達チェック
  1. 数を数えながらでも、意識のどこかで文章の意味が伝わってくる感覚が得られた。
  2. 最後の「読むレベル再現」の2分間で、1ページ6-8秒(2分で15-20ページ)に到達できた。(理解度80%程度以上を保って)
  3. 同じく最後の2分間で、鎮まりの中で、ゆったりと(ゆっくりと)丁寧に読んでいる実感があった。(急いで読んでいる実感、読み飛ばし・拾い読みの実感はNG。)
理論的裏付け
  • 内声化を抑えるために数字を数えながら読むことは、読書スピードを向上させる効果があるとされています。
    森田愛子, & 小澤郁美. (2016). 視野と内声化のトレーニングが読み速度に与える影響. 日本教育工学会論文誌, 39(Suppl), 45-48.
  • 内声化を抑えることは複雑な文章の理解を落とすものの、平易な内容であれば読速度の向上効果が認められることが、速読トレーニングの効果を否定的に結論づけた論文でも認められています。
    Rayner, K., Schotter, E. R., Masson, M. E., Potter, M. C., & Treiman, R. (2016). So much to read, so little time: How do we read, and can speed reading help?. Psychological Science in the Public Interest, 17(1), 4-34.

トップダウン型読書のトレーニング

  • 内声化抑制トレーニングと入力レベルコントロールトレーニングの成果を統合して、読書として使いうる技術に仕上げていくためのトレーニングです。ある程度、上記2つのトレーニングで手応えを感じてからおこなってください。
  • トップダウン処理の効果を実感していただくためにYouTubeに公開している動画を…(BGMがうるさいのでご注意を)。
ここで使用する教材
  1. 文字の密度が低めの自己啓発書やノウハウ書から取り組み、慣れて来たら書籍の文字密度を上げていきましょう。
    例:フォレスト出版の書籍、DaiGo氏の書籍など

とりあえず「体験」だけしてもらえればOK。
いつかちゃんとしたものに差し替えます…
「5回繰り返し読み」は「入力レベル&内声化抑制」と交互にやると効果的です。
内声化抑制トレーニング その3
そういうわけでトップダウン型読書演習の後に置いております。
到達チェック
  1. 5回繰り返し読みでは、毎回の課題に応じて視野や入力レベルの状態を上手にコントロールできた。
  2. 5回繰り返し読みの最後の1分の読書で、理解度を十分に保ちながら、10ページ前後(1ページ6秒前後)のペースが実現できた。
  3. 内声化抑制トレーニングに、5回繰り返し読みで得られた成果をうまく統合して、より意味が強く(濃く)入ってくる実感が得られた。
理論的裏付け
  • 通常の読解過程ではトップダウン処理とボトムアップ処理が交互におこなわれると考えられますが、説明的文章では、見出し等を先行オーガナイザーとしてトップダウン処理に効果的に活用することで、読書における認知負荷が下がり、読むのが楽になると考えられます。
    Dambacher, M. (2010). Bottom-up and top-down processes in reading: Influences of frequency and predictability on event-related potentials and eye movements (Vol. 1). Universitätsverlag Potsdam.

この後の予告…

このページで紹介するトレーニングが十分にできれば、簡単な本であれば十分に速読可能になります。
しかし、文字が多めの本や難しめの本を読もうとすると、どうしても入力レベルコントロール、視野のコントロールが崩れがちになります。そこで、集中力を研ぎ澄ませ、鎮まりの中の鋭い集中力を養うためのトレーニング(スムーズ追跡トレーニング)をおこなう必要があります。
さらに、読書をより効果的なものにするためのスキミングトレーニング読書ストラテジー活用演習記憶に残すための読書演習などをおこなう必要があります。
このレッスンを資格試験の学習などにつなぐためのノウハウなどを学びたい方は、下記バナーより無料メール&動画講座にご登録ください。

ビジネスや学問に活きる速読&読書法科学的学習法(高速学習)について、社員研修大学の初年次教育への導入をご検討でしたら、ぜひ気軽にご相談ください。

YouTubeでも速読&学習ノウハウ公開中

現在、多忙につき更新停止中です…すみません。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 71歳になりました。速読を身につけることは可能でしょうか?
    可能なら研修に参加したいと思います。
    福岡の講座の開講時期を教えてください。

    • 初めまして。
      速読を身につけられるかどうかは、年齢よりも「新しいことを受け容れられるか」とか「速読をマスターすることで、自分の人生がもっと楽しく、豊かになる」と確信しているかということに関わるかな…というのが正直な答えです。
       
      この1年で70代後半の方が数名受講なさいましたが、結果は様々でした。
      お一人は1ページ6秒ほどで読めるようになり、「これまで月に1, 2冊しか読めなかったのに、今は毎日1冊読んでいます」と、受講後にメールをくださいました。
      お一人は「速く読めるのは分かるが、自分はゆっくり読まないと納得できない」と、結局、速読を拒否なさいました。
      こういう両極端がありますので、後は「速読」に何を期待して、どう読書を楽しむかということが問題ではないでしょうか。
       
      福岡講座は今年は7/4-6(月火水)の3日間講座が博多シティのセミナールームで開催されます。その次は来年になる見込みです。
      以上、ご検討ください。追加のご質問があれば、遠慮なくどうぞ。

コメントする

目次
閉じる