オンデマンド講座/集中講座受講の手引き

会員種別、受講するコースによって利用できるサービスは変わりますが、基本的に本サイトにログインすることで、動画教材を視聴し、アドバイスを受けたり、他の方のレポートを参照したりすることが可能です。

目次

1.準備すべきもの

補助教材(トレーニング用フォーム)

A4サイズのシート(3種類)

※ダウンロード版をご利用の方は、画像をクリックしてPDFをダウンロードし、印刷してからご利用ください。

カラー資料

レッスンの解説で使用するパワーポイントの資料です。

お届けした時期によって微妙にページ番号が違います…

書籍

以下のような書籍をご用意ください。詳しくは各トレーニングに示される「ここで使用する教材」をご参照ください。

1.読書スピード測定

2022年現在、読書スピード測定は「普段、自分が読むレベルの、読みやすい書籍」と「やや歯ごたえのある(学術的に近い)書籍(新書など)」の2種類で行っていただいています。これらはトレーニングでは一切扱わず、あくまで最初と最後で、読み方・スピード・理解度がどう変わるのかを確かめるためにだけ使います。
研究講座では以下の2冊を用いて、読書スピード測定と併せて理解度のチェックをしています。

  • 読みやすい書籍の代表として、自己啓発書である『心のブレーキのはずし方』
  • やや歯ごたえのある書籍として、岩波新書のうちの『学びとは何か』

2.その他、トレーニング用書籍

トレーニングに使用する書籍は、基本的に次のような3種類に分けられます。

  1. ページスキャントレーニング&スムーズ追跡トレーニング用書籍
    読むためのものではなく、「視野(観の目付の見方)のコントロール」をトレーニングするためのものです。適当な新書(岩波新書)を1冊ご用意いただければいいかと思います。あるいは手っ取り早く、難しめで文字がぎっしり詰まったビジネス書でも問題ありません。
  2. 入力レベルコントロール用書籍
    こちらは同じページスキャンでも入力レベルコントロールのトレーニングに使用します。
    ですから、内容が平易で、文字が少なめの本をご用意ください。
  3. 読書演習用書籍
    実際に読む能力(スキル)を高めていくために使用します。
    1冊を通じて一貫した話が続くもの(4ページ程度で細切れのトピックが羅列されたもの、でないもの)をご用意ください。
    その際、まずは文字が少なく簡単に理解できそうなレベルのものからご準備ください。手っ取り早く手元にある難しい本を使ってしまうと、速読技術の修得に支障を来します。

記録用冊子

オンデマンド講座、集中講座いずれにせよ、下画像のような(表紙の色は数種類あります)A4サイズの記録用冊子が届けられます。
レッスン動画の中で記録する場所の案内がありますので、必要に応じて記録をしていってください。レポート提出の際に、その部分を写真に収めて投稿していただくと簡単かと思います。

2.オンライン講座の進め方

オンデマンドでの取り組み方

オンデマンド映像教材 vol.1から4までを順番に取り組んでいきます。このvol.1-4は特に集中講座の1日目・2日目…には対応していません。

個人セッション

半年間のオンデマンド講座を受講する場合、最初に1回、20分間の個人セッション(zoomを利用した個別相談会)をご利用いただけます。(3日間講座を受講する場合は3回ご利用いただけます。)
こちらのカレンダーからご予約ください。

取り組むペース

スポーツや楽器演奏と同じく、「技術をマスターするために心身をコントロールする」取り組みですので、ある程度、自由に使いこなせるようになるまでは、間を空けずに取り組んでください。

例えば、週末に時間をたっぷり確保して2時間以上とり、平日は基本3種トレーニングに20分ほど、本を持ち歩いてすき間時間でページスキャントレーニングをする…などです。

取り組む順番

vol.1から順番に取り組んでいただくことが基本です。
それぞれのページ(例えばvol.1)の中では、上から順番に取り組んでいただくことになりますが、めざす効果が得られていない場合には、同じトレーニングを反復しておこなってください。
なお、それぞれのページをクリアして次に進むことが基本となりますが、vol.1とvol.2だけはvol.1が完成していなくてもvol.2に取り組んでいただくことでトレーニングの効果が上がりやすくなります。
もし、停滞・スランプを感じたら、気軽にご相談ください(コメント欄に書き込んでください)

zoomレッスンおよびレポート提出

会員種別により受けられるサポートが違います。
ご自身の会員種別が分からない場合は、お問い合わせください。
会員種別毎に受けられるサービスはこちらでご確認ください。

★zoomレッスンおよび集中講座等の開催日程

目次